ケーシャル・ジャンガ・ラヤマジヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケーシャル・ジャンガ・ラヤマジヒ

ケーシャル・ジャンガ・ラヤマジヒ(Keshar Jung Rayamajhi、1919年 - 2012年12月17日[1][2])は、ネパール政治家ネパール共産党総書記の地位にありながら、マヘンドラ国王のクーデタを支持するなど、非常に奇矯な言動の多かった人物。その言動がネパール共産党の分裂を招いた。

生涯[編集]

1957年、第二回党大会でネパール共産党第3代総書記に就任。

1960年、ラヤマジヒはマヘンドラ国王のクーデタを支持、インド共産党から批判され、また、党内から反発を受ける。

1961年の政党が禁止され、ネパール共産党が弾圧されるにいたっても、国王の政治に一定の信頼を表明した。そのため路線対立が生じ、インドで中央委員会が一ヶ月も続けられた。

さらに、1964年4月トゥラシー・ラール・アマーティヤはインドで勝手に党大会を開催し、ラヤマジヒを除名し、自ら総書記に就任する。ラヤマジヒは逆にアマーティヤを除名した。

ネパール共産党ラヤマジヒ派と、ネパール共産党アマーティヤ派への分裂である。これ以後、ネパールの共産主義政党は激しい離合集散を繰り返し、現在に至っている。

ネパール共産党ラヤマジヒ派は1985年に解散。その後、新党を結成し、国王から大臣に任ぜられている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Keshar Jung Rayamajhi passes away”. Myrepublica.com (2012年12月17日). 2013年8月15日閲覧。
  2. ^ News from Nepal as it happens”. Nepalnews.com. 2013年8月15日閲覧。

関連項目[編集]