ケオ・ソクノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ケオ・ソクノン Football pictogram.svg
218817 heroa.jpg
名前
本名 ケオ・ソクノン
ラテン文字 Keo Sokngon
基本情報
国籍 カンボジアの旗 カンボジア
生年月日 (1990-04-30) 1990年4月30日(28歳)
出身地 クラチエ州[1]
身長 172cm
選手情報
在籍チーム カンボジアの旗 プノンペン・クラウン
ポジション FW
背番号 9
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2010 カンボジアの旗 プノンペン・クラウン 67 (45)
2011-2012 タイ王国の旗 サムットサーコーンFC 20 (9)
2012-2015 カンボジアの旗 ボーウング・ケット・ラバーフィールド
2015- カンボジアの旗 プノンペン・クラウン 9 (0)
代表歴
2012  カンボジア U-22 6 (1)
2008-2013  カンボジア U-23 11 (4)
2008-  カンボジア 13 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ケオ・ソクノンKeo Sokngon1990年4月30日 - )は、カンボジアのサッカー選手。カンボジア代表。現在、カンボジア・リーグプノンペン・クラウンに所属している。ポジションはフォワード

クラブ歴[編集]

中国系カンボジア人の父とタイニン省出身のベトナム人の母の間に生まれた。3歳の時にベトナムへ移住した[1]

カンボジアに帰国した後、2007年にプノンペン・クラウンに加入。ストライカーとして2009年は12得点を獲得し、チームの優勝に貢献した。

2011年には、隣国タイにありリージョナルリーグ・ディヴィジョン2に所属するサムットサーコーンFCに加入し、1シーズン過ごし、リーグの最優秀選手となった。

2012年にはカンボジアに復帰し、弟のケオ・ソクペンと共にボーウング・ケット・ラバーフィールドに加入しカンボジア・リーグを制覇した。

2015年6月23日には弟のソクペンと共にプノンペン・クラウンに移籍した。開幕戦はケオ兄弟の前所属、ボーウング・ケット・アンコールであった[2][3][4]

代表歴[編集]

2009年にカンボジア・リーグで活躍すると同年の東南アジア競技大会サッカー競技に参加するU-23代表に選抜された。

個人成績[編集]

# 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1. 2009年4月28日 ブルガリアの旗ダッカバンガバンドゥ・ナショナル・スタジアム  マカオ 2–1 2-1 AFCチャレンジカップ2010予選
2. 2012年10月5日 ミャンマーの旗ヤンゴントゥウンナ・スタジアム  東ティモール 1–5 1-5 2012 AFFスズキカップ予選

参考文献[編集]

  1. ^ a b “Sao” Việt ở tuyển Campuchia, Thứ Hai, 20/09/2010, Lao Dong newspaper
  2. ^ Noveanto, Eric (2015年6月27日). “Cambodia’s Phnom Penh Crown announce Keo Brothers capture”. Football Channel Asia. 2015年7月14日閲覧。
  3. ^ In Sopheng (2015年6月25日). “Crown bolster squad with Keo brothers”. The Phnom Penh Post. http://www.phnompenhpost.com/sport/crown-bolster-squad-keo-brothers 2015年7月14日閲覧。 
  4. ^ Andy (2015年6月24日). “New Faces Arrive”. プノンペン・クラウン. 2015年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]