ケイコ・アジェナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケイコ・アゲナ
Keiko Agena
本名 Christine Keiko Agena
生年月日 (1973-08-03) 1973年8月3日(46歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 シン・カワサキ (2005-)
テンプレートを表示

ケイコ・アゲナ(Keiko Agena,本名:Christine Keiko Agena、1973年8月3日-)[1] は、ハワイ州ホノルル出身の日系アメリカ人の女優である。

私生活[編集]

10歳の頃から舞台に立つ。オアフ島にある私立Mid-Pacific Institute高校を卒業し、ホイットマン大学で演劇を専攻。2匹の猫を飼っており、ロサンゼルス周辺でオートバイを乗り回すことを楽しみ、hereandnowという名のアジア系アメリカ人の劇団に参加している。2005年12月19日、ネバダ州ラスベガスの上空を飛ぶヘリコプターの中で、シン・カワサキと結婚した。

経歴[編集]

アゲナはテレビシリーズ『ギルモア・ガールズ』にでてくるレーンという主要登場人物の親友である韓国系アメリカ人の少女を演じた。このシリーズが始まったときアゲナは27歳だったが、レーンは16歳の少女という設定だった。 『フェリシティの青春』にも出演し、Ammy Awardで最優秀女優賞を受賞。これはアジア人及びアジア系アメリカ人にとって名誉ある功績である。

また、ディズニーのアニメシリーズ『キム・ポッシブル』では、第2,3,4シーズンに登場するヨリの声を当てた。 Mo'Nique主演の映画『Hair Show』ではジュンニを演じ、近年では『Private Practice』にゲスト出演した。

脚注[編集]

  1. ^ Keiko Agena official site: Date of birth; URL accessed April 27, 2007.

外部リンク[編集]