グン・ビリク・メルゲン晋王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グン・ビリク・メルゲン晋王1506年 - 1542年[1])は、オルドス・トゥメンの晋王(ジノン)。バルス・ボラト・サイン・アラクの長男で、アルタン・ハーンの兄。

生涯[編集]

1506年、バルス・ボラト・サイン・アラク晋王の子として生まれる。

1531年、父のバルス・ボラト・サイン・アラク晋王が亡くなったため、翌年(1532年)27歳で晋王(ジノン)位を継ぎ、オルドス・トゥメンを領す。

グン・ビリク・メルゲン晋王は、弟のアルタンとともに、右翼のトゥメンを率いて毎年中国のオイラトモグーリスタン青海に侵攻し、略奪を行った。[2]

1542年、グン・ビリク・メルゲン晋王は37歳で亡くなり、翌年(1543年)息子のノヤンダラが後を継いで晋王となった。

[3]

妻子[編集]

タンスク大ハトン…トゥメト・トゥメンのハンリン部のアイラン・セゲルの娘
  • ノヤンダラ晋王
  • バイサングル・ラン太子
エシゲ叔母ハトン…ハルハ・トゥメンのジャライル部のエセン舎人の娘
  • オイダルマ・ノモハン・ノヤン
アルタンチュ・サイン・ハトン…トゥメト・トゥメンのチェグト部のホサイ・タブヌンの娘
  • ノム・タルニ・フワ太子
  • ブヤングリ・ドゥラル・ダイチン
  • バジャラ・ウイジェン・ノヤン
  • バドマ・サンバワ・セチェン・バートル
アムルジャ・ハトン…ヨンシエブ部のイバライ(イブラヒム)太師の娘
  • アムダラ・ダルハン・ノヤン
  • オンガラハン・イェルデン・ノヤン

[4]

脚注[編集]

  1. ^ 蒙古源流』では「四十五歳の庚戌の年(1550年)」としているが、の記録によると、嘉靖二十一年(1542年)頃としており、『アルタン・ハーン伝』でも、「壬寅の年(1542年)に三十七歳で」とあるように1542年に亡くなったとしている。《岡田 2004,p252》
  2. ^ 宮脇 2004,p153
  3. ^ 岡田 2004,p250-252
  4. ^ 岡田 2004,p251-252

参考資料[編集]

先代:
バルス・ボラト・サイン・アラク晋王
晋王(ジノン
1532年 - 1542年
次代:
ノヤンダラ晋王