グリーニッケ橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリーニッケ橋
Glienicker Brücke.JPG
西側のポツダムから見たグリーニッケ橋
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
所在地 ベルリン
交差物件 ハーフェル川
座標 北緯52度24分48.35秒 東経13度5分24.41秒 / 北緯52.4134306度 東経13.0901139度 / 52.4134306; 13.0901139
構造諸元
全長 128m
22m
最大支間長 74m
地図
グリーニッケ橋の位置
グリーニッケ橋の位置
グリーニッケ橋の位置
グリーニッケ橋の位置
グリーニッケ橋の位置
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

グリーニッケ橋(グリーニッケばし、ドイツ語: Glienicker Brücke)は、ドイツハーフェル川にかかる橋である。冷戦時代は、アメリカ合衆国が支配する西ベルリンソビエト連邦が支配する東ドイツとを繋ぐ立地から、米ソ間のスパイ交換の場として使われたことで知られる[1]

ドイツの東西分断により封鎖されて、一般人の通行は固く禁じられていたが、ベルリンの壁崩壊と同時期に自由な行き来が再開された。現在は冷戦時代を象徴する観光名所となっている。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 熊谷徹『観光コースでないベルリン ヨーロッパ現代史の十字路』高文研、2009年。ISBN 978-4-87498-420-8

関連項目[編集]