グラストンベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラストンベリー
Glastonbury
イングランドの旗
Glastonbury (part of) from the tor arp.jpg
座標 : 北緯51度09分 西経02度43分 / 北緯51.150度 西経2.717度 / 51.150; -2.717
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗イングランド
 リージョン サウス・ウェスト・イングランド
 カウンティ サマセット
 非都市ディストリクト メンディップ
 タウン グラストンベリー
人口
人口 (2014年1月現在)
  タウン域 8,932人
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
郵便番号 BA6
市外局番 01458
公式ウェブサイト : http://www.glastonbury.gov.uk

グラストンベリー(Glastonbury)は、イギリスサマセットにある小さな町。ブリストルの南37kmの位置にある。行政上は非都市ディストリクトのメンディップ内にあり、2011年の国勢調査での人口は8,932人[1]

町と伝説の関わり[編集]

町はアリマタヤのヨセフ聖杯アーサー王伝説で知られている。『アリマタヤのヨセフの聖杯物語』の伝説が、13世紀にフランスの詩人ロベール・ド・ボロンにより紹介された。大元の伝承は4世紀を発祥とし、13世紀に著された伝説によれば、フィリポがヨセフを宣教師として派遣したとされ、ここグラストンベリーにブリテン島で最初の教会を設立したというものである。とはいえあくまでも俗説に過ぎず「歴史に基づくものではない」とされている[2]

アーサー王伝説にはグラストンベリー修道院英語版跡が深く関わっており、イングランド王ヘンリー2世はアーサー王伝説を自らの権威付けに利用、この意向に沿ってヘンリー2世に仕えていたウァースは『ブリュ物語』を作り出し、ヘンリー2世をアーサー王の後継者と位置付ける狙いと、物語を通じてブリトン人ノルマン人の合流を企図した。その一環としてグラストンベリー修道院はアーサー王終焉の地・アヴァロンに擬せられ、ヘンリー2世は1184年の火災で焼け落ちた修道院に再建資金を援助したり、アーサー王埋葬の噂を元に修道院を発掘させたりしていた。1189年のヘンリー2世の死後に修道士たちが修道院の墓地にアーサー王と王妃グィネヴィアの墓を発見、宝剣エクスカリバーもアーサー王の墓から出たという噂が広まり、グラストンベリー修道院はアーサー王ゆかりの巡礼地として定着していった[3]

出身人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Glastonbury Parish”. Neighbourhood Statistics. Office for National Statistics. 2014年1月1日閲覧。
  2. ^ アットウォーター、P422。
  3. ^ 石井、P233 - P234、ペルヌー、P142 - P143、ベルトゥロ、P44 - P48。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]