グザヴィエ・ルルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グザヴィエ・ルルー
Xavier Leroux
Xavier Leroux.jpg
基本情報
生誕 1863年10月11日
イタリア王国の旗 イタリア王国ヴェッレトリ
死没 (1919-02-02) 1919年2月2日(55歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
ジャンル クラシック
職業 作曲家

グザヴィエ・アンリ・ナポレオン・ルルー(Xavier Henry Napoleón Leroux, 1863年10月11日 - 1919年2月2日)は、フランス作曲家

生涯[編集]

ルルーはイタリアヴェッレトリに生まれた。父は軍楽隊の楽長を務める人物だった。パリ音楽院ジュール・マスネテオドール・デュボワに師事したルルーは、1885年カンタータEndymion』によってローマ大賞を受賞した。これに伴い留学したヴィラ・メディチにおいてはドビュッシーに共鳴している。1896年からは音楽院の和声学の講座で教壇に立った。また、彼はRevue Musicaを率いた。

ルルーは管弦楽曲や合唱曲、歌曲、ピアノ曲などに作品を遺した。また、ミサ曲やモテットなどの宗教音楽も作曲している。しかし、彼に最大の霊感を与えたのは歌劇場であり、当初はアイスキュロスの『ペルシア人』、アリストパネスの『福の神』などに付随音楽を付けていたが、後にオペラに転向してこのジャンルで最もよく知られるようになった。中でも一番の成功を収めたのは『Le Chemineau』であり、1945年までのオペラ=コミック座における上演回数は106回に及んだ。

彼の門下からはポール・パレーロジェ・デゾルミエールウジェーヌ・ビゴージョルジュ・ダンドローアルベール・ヴォルフアンリ・ミュレルイ・フレスティエマルク・デルマらが輩出している。

ルルーはパリに没した。

主要作品[編集]

付随音楽[編集]

  • 『ペルシア人』 (アイスキュロス)
  • 『福の神』 (アリストパネス)

オペラ[編集]

  • Evangéline ルイ・ド・グラモン英語版リブレット、1895年
  • Astarté ルイ・ド・グラモンのリブレット、1901年
  • La reine Fiammette 1903年
  • Vénus et Adonis ルイ・ド・グラモンのリブレット、1905年
  • William Ratcliff ハイネに基づくグラモンのリブレット、1906年
  • Le chemineau 1907年
  • Théodora 1907年
  • Le carillonneur 1913年
  • La fille de Figaro 1914年
  • Les cadeaux de Noël 1915年
  • 1814 1918年
  • Nausithoé 1920年
  • La plus forte 1924年
  • L'ingénu 1931年

その他[編集]

参考文献[編集]

  • Don Randel, The Harvard Biographical Dictionary of Music. Harvard, 1996, p. 499.
  • Sylvain Mikus, Autour de la jeunesse châlonnaise d'un grand musicien : Xavier Leroux et son père Félix (1876-1879), Etudes Marnaises éditées par la Société d'Agriculture, Commerce, Sciences et Arts de la Marne (SACSAM), t. CXXVII, 2012, p. 157-173.

外部リンク[編集]