グィネヴィア・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グィネヴィア・ターナー
Guinevere Turner
グィネヴィア・ターナー Guinevere Turner
生年月日 (1968-05-23) 1968年5月23日(51歳)
出生地 マサチューセッツ州ボストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

グィネヴィア・ターナーGuinevere Turner1968年5月23日- )は、アメリカ合衆国女優脚本家監督マサチューセッツ州ボストン出身。

プロフィール[編集]

1994年レズビアンカルトムービー 『GO fish』 において、脚本家兼主演女優でデビュー。その後、女優、脚本家、映画監督などマルチに活躍し、レズビアンのアイコン的存在となっている。

2004年より放映されている 『Lの世界』 の脚本を担当している。 この作品のライターの10人中9人がレズビアンである。ライターたちは6週間の間、部屋に閉じこもり、自分や友人の経験を話し合った。そのため、ストーリーラインはほとんど実話が元になっている。[1]

映画監督のケヴィン・スミスと友人で、彼の作品やスミスが監督したソウル・アサイラムPVに出演したこともある。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] マリクレール2006年7月号より。

外部リンク[編集]