クーパー・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クーパー・スタジアム
Cooper Stadium
施設データ
所在地 1155 W. Mound St.
Columbus, OH 43223
開場 1977年
所有者 フランクリン郡
グラウンド 天然芝
建設費 不明
設計者 不明
旧称 フランクリン・カウンティ・スタジアム
(開場 ~ 1984年)
使用チーム • 開催試合
コロンバス・クリッパーズ
収容能力
15,000人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 335 ft (約102.1 m)
中堅 - 400 ft (約121.9 m)
右翼 - 330 ft (約100.6 m)
フェンス 不明

クーパー・スタジアムCooper Stadium)は、アメリカオハイオ州コロンバスにある野球場ワシントン・ナショナルズと提携する3Aコロンバス・クリッパーズの本拠地である。

来歴[編集]

開場当時はフランクリン・カウンティ・スタジアム (Franklin County Stadium) と名乗っていたが、1984年に現在の球場名に改称した。コロンバス市への球団誘致に尽力したハロルド・クーパーの名前からとったものである。

マイナーリーグの球場で初めてフィールドに人工芝を導入したが、1999年に天然芝に変更した。観客スタンドは一塁線・三塁線に面する辺にのみ存在し、外野フェンスの外側は、グラウンドと同じ高さの芝となっており、観客がバーベキューなどをしながらも試合を観戦することができるようになっている。また内野部分の観客スタンドの上部には、屋根が設けられており、その部分には、個室観客席が設けられている。

一塁線外野部分の外側にホームチームのブルペンがあり、観客は投手の投球練習風景を間近で見ることができる。ビジターチームは、ライト側のブリーチャーズ・スタンドの前のブルペンを用いる。

門を入って程近くに、コロンバス・クリッパーズのグッズショップが存在する。

2006年シーズンまでは、コロンバス・クリッパーズはニューヨーク・ヤンキースと提携していた。コロンバス・クリッパーズにかつて在籍していた選手・コーチの写真が載せられた幕が球場の各所に飾られ、その中にはニューヨーク・ヤンキースで活躍するデレク・ジーターバーニー・ウィリアムスマリアーノ・リベラなども含まれていた。また、日本プロ野球北海道日本ハムファイターズトレイ・ヒルマン監督も以前コーチをしていたことがあり、その中に含まれていた。

2009年シーズンよりクリッパーズが新設のハンティントン・パークを新本拠地として使用するため、クーパー・スタジアムはカーレース場になることが発表された。

外部リンク[編集]