クンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クンバ

Kumba
都市
クンバの位置(カメルーン内)
クンバ
クンバ
クンバの位置
北緯4度38分 東経9度27分 / 北緯4.633度 東経9.450度 / 4.633; 9.450
Flag of Cameroon.svg カメルーン
南西州
標高
240m
人口
(2012年)
 • 合計 173,049人

クンバ(Kumba)は、カメルーン南西州の都市。 2012年の人口は17万3049人。 市民の約75%が若者である。 国道8号線と国道15号線がクンバで合流する。

経済[編集]

ココア椰子油材木の集散地である。 カメルーンの英語圏地域の交通の要所である。 多くのナイジェリア人が訪れる。

地理[編集]

クンバは南西州最大の都市であり、殆どの主要道路がクンバから放射状に伸びる。 尚、州都はブエアである。 国内最大の火山弧であるバロンビ・ムボが有る。

交通[編集]

カムレールの西の終点である。

言語・民族[編集]

住民の殆どが英語ピジン言語、1つ以上の現地語を話す。

主要先住民はバファウ人英語版で、バファウ・バロン語英語版(ドゥアラ語やムボー語、マネングバ語英語版南バントゥー語族英語版に似ている)を話す。

バファウ人はHRH Fon Victor Esemisongo Mukete 最高首長英語版に統治されている。 彼は現在カムテル(通信会社)や、ムケテ農業有限会社(200km2以上を保有)を率いている。

クンバは国際都市である為、バファウ人は人口の数%に過ぎない。 文化の多くが失われたが、言葉はまだ老人によって保存されている。

著名人[編集]

セルジュ・ベッツェン
エヨング・エノー

脚注[編集]

座標: 北緯4度38分 東経9度27分 / 北緯4.633度 東経9.450度 / 4.633; 9.450