クロード・ヴィヴィエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロード・ヴィヴィエ
Claude Vivier
生誕 1948年4月14日
カナダの旗 カナダモントリオール
死没 (1983-03-07) 1983年3月7日(満34歳没)
フランスの旗 フランスパリ
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家

クロード・ヴィヴィエ(またはヴィヴィエールClaude Vivier, 1948年4月14日 モントリオール - 1983年3月7日 パリ)はカナダ現代音楽作曲家1970年代初頭にカールハインツ・シュトックハウゼンに師事しており、旋律的な発想に、シュトックハウゼンの作曲技法からの影響が見られる。東洋音楽にも影響され、とりわけバリガムランに心酔した。ヴィヴィエは同性愛者であり、パリのゲイバーで出会った男に刺し殺された。

主要作品一覧[編集]

  • ソプラノ、クラリネットと打楽器のための《オジカワ Ojikawa 》 (1968年)
  • オンド・マルトノとピアノ、打楽器のための《増殖 Prolifération 》 (1969年)
  • 20人の歌手と打楽器のための《終末への音楽 Musik für das Ende 》 (1971年)
  • 室内オーケストラのための《デヴァとアスラ Deva et Asura 》 (1972年)
  • 7人の女声のための《唄 Chants 》 (1973年)
  • ソプラノと合唱のための《おお、宇宙よ O! Kosmos 》 (1973年)
  • 2台のピアノと4つのヴァイオリン、2つのヴィオラのための《 Désintégration 》 (1974年)
  • ソプラノと混声七重唱のための《ダンテの言葉 Lettura di Dante 》 (1974年)
  • ソプラノとピアノのための《夜の賛歌 Hymnen an die nacht 》 (1975年)
  • 管弦楽曲《シッダルタ Siddhartha 》 (1976年)
  • テープ音楽《ヴォイツェク Woyzeck 》 (1976年)
  • 何らかの楽器編成のための《 Pulau Dewata 》 (1977年)
  • ピアノ曲《シラズ Shiraz 》 (1977年)
  • フルート、ヴァイオリン、チェロとピアノのための《 Paramirabo 》 (1978年)
  • フルートとオーボエ、ヴァイオリン、ピアノ、打楽器のための《歓迎の音楽 Greeting Music 》 (1978年)
  • 管弦楽曲《オリオン Orion 》 (1979年)
  • 歌劇《コペルニクス、死の祭祀 Kopernikus: Rituel de la Mort 》 (1979年)
  • ソプラノと管弦楽のための《みなし児 Lonely Child 》 (1980年)
  • 弦楽合奏のための《ジパング Zipangu 》 (1980年)
  • ソプラノと室内オーケストラのための《ブカラ Bouchara 》 (1981年)
  • 13の楽器、4人の歌手とナレーターのための《「マルコ・ポーロ」のためのプロローグ Prologue pour un Marco Polo 》 (1981年)
  • 木管五重奏とピアノのための《サマルカンド Samarkand 》 (1981年)
  • メゾソプラノとオーケストラ、テープのための《光よ汝はいずこに Wo bist du Licht! 》 (1981年)

ディスコグラフィー[編集]

  • Prologue pour un Marco Polo for 13 instruments, 4 voices and narrator (1981), Bouchara for soprano en chamber orchestra (1981), Zipangu for string orchestra (1980), Lonely Child for soprano and orchestra (1980). Schönberg ensemble, Asko ensemble, conductor: Reinbert de Leeuw. Susan Narucki, Alison Wells, Helena Rasker, Peter Hall, James Ottaway, Harry van der Kamp, Johan Leysen. CD Philips 454 231-2
  • Orion for orchestra (1979), Siddhartha for orchestra (1976), 5 Songs for percussion (1980). WDR Sinfonieorchester Köln, conductor: Peter Rundel. Christian Dierstein, percussion. CD Kairos KAI0012472.
  • Wo bist du Licht! for mezzo-soprano, orchestra and tape (1981), Greeting Music for flute, oboe, percussion, piano and violoncello (1978), Bouchara for soprano and chamber orchestra (1981), Trois Airs pour un opéra imaginaire for soprano and ensemble (1982). Société de musique contemporaine du Québec (SMCQ), conductor: Walter Boudreau, Marie-Annick Béliveau (mezzo-soprano), Marie-Danielle Parent (soprano), Ingrid Schmithusen (soprano). CD ATMA Classique ACD22252.
  • Chants for seven female voices (1972-73), Jesus erbarme dich for voice and chorus (1973), Love Songs for four women and three men, a capella (1977), Journal for choir, one percussion player, and four solo voices (1977). Ensemble Solistes XXI, conductor: Rachid Safir. 2 CD Soupir S206-NT103.
  • Shiraz for piano (1977), Pianoforte for piano (1975), Désintégration for two pianos, (1972). Kristi Becker, Ursula Kniehs, pianos. CD Pianovox PIA 529-2.
  • Shiraz for piano (1977). Jenny Lin, piano. Koch International Classics KIC-CD-7670
  • Kopernikus: Rituel de la Mort opera in two acts (1979). Opera Factory Freiburg, Holst-Sinfonietta, conductor: Klaus Simon. CD Bastille Musique 1.
  • Kopernikus: Rituel de la Mort opera in two acts (1979) (DVD 1), Prologue pour un Marco Polo for thirteen instruments, four voices and narrator (1981), Shiraz for piano (1977), Lonely Child for soprano and orchestra (1980), Zipangu for string orchestra (1980), Wo bist du Licht! for mezzo-soprano, orchestra and tape (1981), Glaubst du an die Unsterblichkeit der Seele for voices and ensemble (unfinished) (1983) DVD 2. Asko Ensemble; Schönberg Ensemble, conductor: Reinbert de Leeuw. 2 DVD Opus Arte OA0943D.

参考文献[編集]

  • Gilmore, Bob. Claude Vivier. A Composer's Life. University of Rochester Press, Rochester, 2014.
  • Gilmore, Bob. 2007. "On Claude Vivier’s Lonely Child". Tempo, new series 61, no. 239:2–17.
  • Gilmore, Bob. 2009. "Claude Vivier and Karlheinz Stockhausen: Moments from a Double Portrait". Circuit: musiques contemporaines 19, no. 2:35–49. (Subscription access)
  • Gilmore, Bob. 2014. Claude Vivier: a Composer's Life. University of Rochester Press.
  • Lesage, Jean. 2008. "Claude Vivier, Siddhartha, Karlheinz Stockhausen: La nouvelle simplicité et le râga". Circuit: musiques contemporaines 18, no. 3:107–20.
  • Mijnheer, Jaco. 2001. "Vivier, Claude". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.
  • Tannenbaum, Peter. 1991. "Claude Vivier Revisited". SoundNotes SN1:12–27.

外部リンク[編集]