クロスカントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロスカントリー (Cross-country)、クロカンと略されることも多い。

スポーツ
  • クロスカントリースキー - ノルディックスキーの一種。雪山を滑り降りるのではなく、雪の積もった野山を駆けるスポーツ。
  • クロスカントリー競走 - 長距離走で野山を駆ける陸上競技の一種。特に草原地など整地されていないコースでの中長距離走をいう。
    • トレイルランニング - 森や山中、自然公園などの未舗装路(トレイル)を走るスポーツ。トレランと略される。山岳マラソンや山岳レース、山岳耐久レースとも訳される。ほとんど装備を持たないマラソンやクロカンとは異なり、小型リュックサックに必要な装備を入れて走る。
    • ウルトラマラソン - 100km大会や100マイル大会のような、マラソン標準の42.195kmを超えたマラソン競技。山岳地や未舗装路踏破といったクロカントレラン的な要素を含んだウルトラマラソン大会を「クロスカントリー大会」と称する場合もある。
  • クロスカントリー (自動車) - オフロード走行やオフロード競技を指していう場合がある。そうした走行条件に特化した自動車をクロスカントリー車、略してクロカン車などと呼ぶ場合もある。
  • クロスカントリー (自転車) - MTBのレース種目の一つ(XC)。1周6km以上の舗装されていない山道や坂道などの標高差のあるコースを周回することで順位を競う。
  • 総合馬術競技のうち、2日目に行われることの多い耐久競技(野外騎乗)。エンデュランス馬術競技
輸送機関