クレジットマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クレジットマスター(英語: Credit Master)とは、クレジットカードの番号の規則性を悪用し、クレジットカード番号にある計算を加えて、他人のカード番号を割り出す手口である[1][2]

概要[編集]

1989年(平成元年)頃、アメリカ合衆国で初めて確認された[2]クレジットカードの番号と有効期限を入力するだけで決済できるECサイトなどで悪用される。

日本では、1999年平成11年)頃から被害が確認されているが、具体的な防止策は見つかっていない[3][4]

クレジットカード番号の法則の仕組み自体を悪用して、コンピュータが勝手に番号を割り出されるため、スキミングフィッシングと異なり、被害の防ぎ様がない[2]日本貸金業協会は、身に覚えのない請求がないか、クレジットカードの明細書を必ずチェックし、不審な取引があれば、すぐにクレジットカード会社に連絡する様、呼び掛けている[2]

クレジットカード会社によっては、信用照会時に不正使用検知コンピュータシステムサーバを構築しており、異常を検知した場合には、信用照会を棄却したり、即座に顧客へ連絡したり、一時的にクレジットカードを使用不能にするする会社もある。

脚注[編集]

  1. ^ 「クレジットマスター 初摘発」 『産経新聞』 2009年7月7日付朝刊、産経新聞東京本社、15版、1面。
  2. ^ a b c d 千葉雄高 「「防げぬカード被害」どうする 「クレジットマスター」計算で番号割り出し」 『朝日新聞』 2009年9月10日付朝刊、朝日新聞大阪本社、最終版、17面。
  3. ^ 「カードの規則性悪用 クレジットマスター「防ぎようない」」 『産経新聞』 2009年7月7日付朝刊、産経新聞東京本社、15版、27面。
  4. ^ “番号流出に打つ手なし クレジットマスター”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年7月7日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090707/crm0907070748010-n1.htm 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]