クレイトン・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレイトン・アンダーソン
Clayton C. Anderson.jpg
NASA宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国
現況 現役
生誕 (1959-02-23) 1959年2月23日(60歳)
ネブラスカ州オマハ
他の職業 技術者
宇宙滞在期間 166日21時間10分
選抜試験 1998 NASA Group
宇宙遊泳回数 6
宇宙遊泳時間 38 hours, 28 minutes
ミッション STS-117, 第15次長期滞在/第16次長期滞在, STS-120, STS-131
記章 STS-117 patch new2.svgISS Expedition 15 patch.svgISS Expedition 16 patch.svgSts-120-patch.svg STS-131 patch.svg

クレイトン・アンダーソン(Clayton Conrad Anderson)は、ネブラスカ州オマハ出身のアメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。STS-117で地球を発ち、国際宇宙ステーション第15次長期滞在の乗組員として2007年6月10日にスニータ・ウィリアムズと交代した[1]

教育[編集]

1977年にネブラスカ州アッシュランドのアッシュランド=グリーンウッド高校を卒業した。1981年にネブラスカ州のハスティングス大学物理学の学士号、1983年にアイオワ州立大学航空宇宙工学の修士号を取得した[2]

NASAでのキャリア[編集]

STS-131ミッションで宙に浮く水滴を眺めるアンダーソン

アンダーソンは、1998年6月にNASAによって宇宙飛行士の候補に選ばれ、この年の8月から訓練を受けたと言われている。訓練の内容には、スペースシャトルや国際宇宙ステーションのシステム、T-38の飛行訓練のための準備、荒野でのサバイバル技術等が含まれていた[2]

宇宙飛行士として配属される前、アンダーソンはCAUプロジェクトのECWシステム開発のリーダーを務めた。第4次長期滞在では、地上からの船内の技術的なサポートと乗組員の家族のサポートを行った。2002年11月、アンダーソンは船外活動の訓練を終え、第12次長期滞在第13次長期滞在第14次長期滞在ではフライトエンジニアのバックアップを務めた。

2003年6月、アンダーソンはNEEMO5ミッションに参加し、水中の実験室で14日間を過ごした[3]。水中での滞在中に、アンダーソンはナイフで親指を切り、極限医療の専門家であるケネス・カムラーによって縫合された[4]

2010年6月に打ち上げられたSTS-131では、アンダーソンはミッションスペシャリストを務めた。このミッションの第一のペイロードは、国際宇宙ステーションに補給品や機器を届ける多目的補給モジュールであった。

国際宇宙ステーション[編集]

アンダーソンは第15次長期滞在のメンバーとなり、152日間を国際宇宙ステーションで過ごした。彼は、2007年6月8日にSTS-117で国際宇宙ステーションを訪れ[5]第16次長期滞在の乗組員として国際宇宙ステーションに留まり、2007年11月7日にSTS-120で地球に帰還した[6]。2007年7月と8月の船外活動中に彼が撮影した2枚の写真は、ポピュラーサイエンス誌のフォトギャラリーに掲載された[7]

アンダーソンは、マイケル・ロペス=アレグリアが始めた伝統である、地上管制員との「豆知識」コンテストの日課を続けた[8]。アレグリアは7ヶ月の滞在期間中、映画の引用を地上に送信し、地上の管制員チームにその出典元を出題した。ミッションが終わりに近づくと、彼は出典を映画から音楽に変えた。アンダーソンはこの伝統を引き継ぎ、自分流にアレンジを加え、”Book of Answers: The New York Public Library Telephone Reference Service's Most Unusual and Entertaining Questions”を用いた。また、アンダーソンはしばしば地上の管制員や関係者に曲を送った。有名なのは、妻の誕生日に送ったブライアン・アダムスの"(Everything I Do) I Do It for You"である。

個人[編集]

アンダーソンはオマハで生まれたが、ネブラスカ州アッシュランドを故郷だと考えている。エルクハート出身のスーザン・ジェーン・ハレルドと結婚し、息子のクレイトンと娘のサットンがいる。母のアリスは、2007年12月、彼が地球に帰還した直後に死去した。父のジョンも既に死去している。

他の多くの宇宙飛行士と同様に、彼もアマチュア無線の資格を持っており、2001年8月13日に連邦通信委員会から、KD5PLAのコールサインを与えられている[9]。国際宇宙ステーション滞在中の2007年9月、彼はステーション内にある2つのアマチュア無線機のうちの1つを使って、生徒との交信を行った[10]

アンダーソンはネブラスカ州で唯一の宇宙飛行士で、1998年に宇宙飛行士に選ばれるまでに15回落選したと言われている。2013年1月に15年間勤めたNASAを退職し、現在は教育に関心を持っている[11]

出典[編集]

  1. ^ NASA. “International Space Station Expedition 15”. NASA. http://www.nasa.gov/mission_pages/station/expeditions/expedition15/index.html 2007年8月13日閲覧。 
  2. ^ a b NASA. “Clayton Anderson Biography”. NASA. http://www.jsc.nasa.gov/Bios/htmlbios/anderson-c.html 2007年8月13日閲覧。 
  3. ^ NASA (2006年3月21日). “NEEMO History”. NASA. 2011年9月23日閲覧。
  4. ^ Kamler, Kenneth (2004). Surviving the Extremes: A Doctor's Journey to the Limits of Human Endurance. New York City: St. Martin's Press. pp. 238–240. ISBN 0-312-28077-7. http://books.google.com/books?id=2czSJB5BSHoC&pg=PT127. 
  5. ^ NASA (2007年6月10日). “STS-117 Mission Status Report”. NASA. http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/shuttlemissions/sts117/news/STS-117-01.html 2007年8月13日閲覧。 
  6. ^ NASA. “International Space Station Expedition 15 Crew”. NASA. http://www.nasa.gov/mission_pages/station/expeditions/expedition15/index.html 2007年8月13日閲覧。 
  7. ^ Best Astronaut Selfies”. Popular Science Magazine. 2013年12月27日閲覧。
  8. ^ Malik, Tariq (2007年6月16日). “Star Trek Beams Down from ISS”. Livescience.com. http://www.livescience.com/blogs/2007/06/16/star-trek-beams-down-from-iss/ 2007年8月13日閲覧。 
  9. ^ KD5PLA
  10. ^ for information on ARISS - Amateur Radio on the International Space Station.
  11. ^ GIANG, VIVIAN. “Aerospace Engineer Was Rejected By NASA 15 Times Before Finally Going To Space”. 2014年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]