クリント・イーストウッド (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリント・イーストウッド
Clint Eastwood
出生名 Robert Brammer
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
ジャンル レゲエ
職業 DJ歌手
担当楽器 トースティング
共同作業者 ジェネラル・セイント

クリント・イーストウッド: Clint Eastwood)は、ジャマイカDJ歌手レゲエ・ミュージシャン。トリニティのであり、主に1970年代後半から1980年代前半にかけて作品を残した。1978年チャンネル・ワンから『Death In The Arena』などの代表作を発表した後イギリスに渡り、新人DJジェネラル・セイントと組んで、比較的ポップなDJコンビとして活躍した。1983年に発表したアルバム『ストップ・ザット・トレイン』の表題曲は、日本のクラブでも定番曲となった。[1]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • African Youth (1978年、Third World/Gorgon)
  • Death In The Arena (1978年、Cha Cha/チャンネル・ワン)
  • Step It In a Zion (1978年、Live & Love)
  • Jah Lights Shining (1979年、Jamaica Sound)
  • Love & Happiness (1979年、Burning Vibrations)
  • Clint Eastwood (Jamaica Sun) (1980年、Amo)
  • Sex Education (1980年、Greensleeves)
  • Live at London (1981年、Vista) ※Dillinger & Clint Eastwood名義
  • Two Bad D.J. (1981年、Greensleeves) ※クリント・イーストウッド&ジェネラル・セイント名義
  • 『ストップ・ザット・トレイン』 - Stop That Train (1983年、Greensleeves) ※クリント・イーストウッド&ジェネラル・セイント名義
  • BBC Radio 1 In Concert (199?年、Windsong) ※クリント・イーストウッド&ジェネラル・セイント名義
  • The Best of Clint Eastwood (1984年、Culture Press)
  • The Real Clint Eastwood (199?年、Culture Press/Lagoon)

脚注[編集]

  1. ^ レゲエ・ディスク・ガイド 音楽之友社

外部リンク[編集]