クリスチャン・アルブレクト (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスチャン・アルブレクト

クリスチャン・アルブレクトまたはクリスティアン・アルブレヒトドイツ語: Christian Albrecht(Albrekt)1641年2月3日 - 1695年1月6日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位1659年 - 1695年)、リューベック司教(在任1655年 - 1666年)。

生涯[編集]

ゴットルプ公フレゼリク3世と、その妻でザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世の娘であるマリー・エリーザベトの息子として、ゴットルプで生まれた。1659年、父がデンマーク王フレゼリク3世の軍に包囲されていたテニンクの城で亡くなると、わずか18歳で公爵位を継いだ。スウェーデンバルト海世界を征服しようとした北方戦争においてスウェーデンによるデンマーク征服に失敗した事で、親スウェーデン派であったホルシュタイン=ゴットルプ家の勢威は衰え、クリスチャン・アルブレクトは領国を追われ、その後の人生をデンマークとの抗争に費やさねばならなかった。

1667年、和平を結ぶ目的でフレゼリク3世王の娘フレゼリゲ・アメーリエと結婚したが、争いは継続された。父の治世から始まっていたスウェーデンとの同盟関係をより強化し、そのおかげで領国の安全はある程度保障された。しかし、このためにシュレースヴィヒ=ホルシュタインは大北方戦争を始めとするスウェーデンとデンマークの戦場となった。1675年から1689年にかけて、ハンブルクで亡命生活を送った。しかし神聖ローマ皇帝やスウェーデン王カール11世など同盟諸国の圧力により、クリスチャン5世はクリスチャン・アルブレクトに領国を返還せざるを得なくなった。こうした経緯のためにクリスチャン・アルブレクトは、スウェーデンと結んでデンマークと開戦直前にまで至ったが、同盟国の外交的圧力の成功によって戦争の危険は回避された。

1665年にキール大学を創設したほか、1678年にハンブルク・オペラ劇場の創設にも関わった。また画家のユルゲン・オヴェンスを庇護した。

子女[編集]

妻との間に2男2女をもうけた。

先代:
フレデリク3世
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
1659年 - 1695年
次代:
フレデリク4世
先代:
ヨハン10世
リューベック領主司教
1655年 - 1666年
次代:
アウグスト・フリードリヒ