クリコ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリコ県

Provincia de Curicó
マウレ州内の位置
マウレ州内の位置
クリコ県の位置(チリ内)
クリコ県
クリコ県
チリ国内の位置
南緯34度57分 西経71度06分 / 南緯34.950度 西経71.100度 / -34.950; -71.100座標: 南緯34度57分 西経71度06分 / 南緯34.950度 西経71.100度 / -34.950; -71.100
 チリ
マウレ州の旗 マウレ州
県都 クリコ
コムーナ
行政
 • 種別
面積
 • 合計 7,280.9km2
人口
(2002年国勢調査)[1]
 • 合計 244,053人
 • 都市的地域
157,876人
 • 地方
86,177人
性別
 • 男性 122,835
 • 女性 121,218
等時帯 UTC-4 (CLT [2])
 • 夏時間 UTC-3 (CLST [3])
市外局番 56 + 75
ウェブサイト Government of Curicó

クリコ県スペイン語: Provincia de Curicó)は、チリ中部にあるマウレ州 (VII) の4つののうちの1つである。県都はクリコ市。県は、コルチャグア県タルカ県の間に位置し、太平洋からアルゼンチンへの国境まで及んでいる。面積は、7,280.9 km2 (2,811 sq mi)。2002年国勢調査によれば、人口は244,053人[1]

行政[編集]

であるクリコは、第二級行政区画であり、大統領によって任命される知事が政治を行っている。

コムーナ[編集]

県は、各自治体の市長と議会により政治が行われる、9のコムーナ(スペイン語:comunas)から構成される。

歴史[編集]

クリコ県モリナ

県名は、ピクンチェ族の1つであるクリス、あるいは現代のクリコ周辺にあるマタキト川の流れる中央峡谷のプロマウケに由来している。他の部族には、北へ向かうテーノ川(現在のラウコテーノコムーナ)に沿ってテヌ、南へ向かうロントゥエー川に沿った現在のモリナ・コムーナのグアレモ、マタキト川に沿ったサグラダ・ファミリアパルクイブディ町の中心部、フアラネ・コムーナのラ・ヘルタリカンテン・コムーナのロラがある。川の北岸にもビチュケンという同名のコムーナがある[4]

県は、1865年に設立した。もともとはコルチャグア県の一部であった。1974年、アウグスト・ピノチェト政権中に、CONARA(スペイン語:Comisión Nacional de Reforma Administrativa、英語:National Commission of Administrative Reform)によるチリの州改革のために、最近設立されたマウレ州内で作り替えられた。

地理と環境[編集]

チリ中央峡谷にある花嫁の滝

クリコ県の東部と西部は山地になっており、肥えたチリ中央峡谷によって分断される。県都はマタキト川にあるクリコで、サンティアゴの194 km南に位置する。県内の山地の一部は、絶滅危惧種であるチリ椰子、「フバエア・チレンシス」が生息しており、その生息域の南端は、マウレ州北部(例えばクリコ県)として、一般に定義されている。過去には、この固有種のチリ椰子は、広大な生息域があった[5]

人口動態[編集]

以下は、国立統計研究所(INE)の2002年国勢調査による[1]

  • 面積:7,280.9 km2 (2,811 sq mi)
  • 人口:244,053人
    • 男性:122,835人
    • 女性:121,218人
  • 人口密度:33.5人/km2(87人/平方マイル)
  • 人口増加率:10.6%(23,396人) - 1992年 - 2002年

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e (スペイン語) Territorial division of Chile (PDF)”. National Statistics Institute (2007年). 2011年3月18日閲覧。
  2. ^ Chile Time”. WorldTimeZones.org. 2010年7月28日閲覧。
  3. ^ Chile Summer Time”. WorldTimeZones.org. 2010年7月28日閲覧。
  4. ^ Thomas Guevara, Historia de Curicó, Capítulo I, 1891
  5. ^ C. Michael Hogan, 2008

参考文献[編集]

外部リンク[編集]