チリヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チリヤシ
Jubaea chilensis Hyères gross.jpg
チリヤシ
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: ヤシ目 Arecales
: ヤシ科 Arecaceae
: チリヤシ属 Jubaea
: チリヤシ J. chilensis
学名
Jubaea chilensis (Molina) Baill.
シノニム
  • Cocos chilensis (Molina) Molina
  • Jubaea spectabilis Kunth
  • Micrococos chilensis Molina Phil.
  • Molinaea micrococos Bertero
和名
チリヤシ、チリーヤシ、ジュベアヤシ
英名
Chilean Wine Palm, Chilean Cocopalm

チリヤシ[2]チリーヤシ[3]ジュベアヤシ[2]Jubaea chilensis)はチリヤシ属[4](ちりやしぞく)あるいはジュベアヤシ属[4](ジュベアやしぞく; Jubaea)の唯一の種[5]。南アメリカ南西部に自生しており、コキンボ州南部、バルパライソ州首都州オイギンス州マウレ州北部の南緯32度から35度の間のチリ中央部の小さな地域に分布する固有種

イースター島で絶滅したヤシもこの属に属していると長い間考えられてきた。しかし、2008年にジョン・ドランスフィールド英語版がそれを独自の属Paschalococos英語版として分類したことで議論を呼んだ。

成長[編集]

最も厚いチリヤシは、カリフォルニア州リバーサイドのJ.ハリソン・ライトの土地にあり「肩の高さ」での直径は66インチ (1.7 m)[6]。1889年の南オーストラリア州のアデレード植物園英語版における事例では最大のものが6フィート (1.8 m)にもなり、基部が厚い[7]。チリの中部Ocoa谷近くラ・カンパーナ国立公園英語版のチリヤシは、その根元の厚さが6インチ (0.15 m)から7インチ (0.18 m)である[8]。世界最大の屋内植物の事例としては、キュー王立植物園のチリヤシが温室の最上部まで成長したため、2014年にスタッフによって切断された[9]。ヤシの2,600以上の既知の種の中で、チリヤシは2番目に大きい質量であり、氾濫原または川底のボラッスス・アエチオプム英語版によってのみ超えられる[10]

保全[編集]

この種はチリ内で部分的に保護されているが、人口過多と放牧地の拡大の圧力により、チリヤシは今世紀までで数が減少[11]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gonzalez. 1998
  2. ^ a b 米倉浩司梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info/ylist_detail_display.php?pass=48552 2023年3月21日閲覧。
  3. ^ 米倉, 浩司 (2019). 新維管束植物分類表. 北隆館. p. 88. ISBN 978-4-8326-1008-8 
  4. ^ a b 熱帯植物研究会 編「チリーヤシ Jubaea spectabilis H.B. Kunth.」『熱帯植物要覧』(第4版)養賢堂、1996年、526頁。ISBN 4-924395-03-X 
  5. ^ C. Michael Hogan (2008) Chilean Wine Palm: Jubaea chilensis, GlobalTwitcher.com, ed. Nicklas Stromberg
  6. ^ Principes Vol. 1 # 2 (January 1957) p. 57.
  7. ^ James H. Veitch in Gardener's Chronicle Vol. 6 (third series) (October 5, 1889) p. 384.
  8. ^ Chris Caradine, "A Day in Ocoa", THE PALM JOURNAL # 143 (November 1998) P. 20 with photo.
  9. ^ http://www.growingontheedge.net/viewtopic.php?p=89398
  10. ^ Dr. Al C. Carder, GIANT TREES OF WESTERN AMERICA AND THE WORLD, (Madeira Park, British Columbia, Canada: Harbour Publishing, 2005) p. 130.
  11. ^ C. Michael Hogan. 2008

参照資料[編集]

外部リンク[編集]