クランバー・スパニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クランバー・スパニエル
Clumber spaniel rybnik kamien pppl.jpg
原産地 イングランド
特徴
イヌ (Canis lupus familiaris)

クランバー・スパニエル(英:Clumber Spaniel)は、イギリス原産のスパニエル犬種である。古い犬種で、重量があって風格があるところから、「スパニエル界の貴族」などと呼ばれる[1][2]

歴史[編集]

猟から帰るニューカッスル公爵(1788年)。4匹のスパニエルを従えている

公式の歴史によれば、フランス猟犬を先祖とする[1][2]アルパイン・スパニエルバセット・ハウンドの血を引くとも言う[3][4]

伝説では、1789年フランス革命により処刑されることとなったノアイユ公爵英語版が、自らの飼っていたスパニエルを犬舎ごとイングランドのニューカッスル公爵に送ったのがはじまりというが[1][2]、すでに1770年頃にフランスからニューカッスル公爵にイヌが贈られた記録もあるといい、1788年に描かれたニューカッスル公爵が複数のスパニエルを連れた肖像画もある[1]。また、より早くにスペインから持ち込まれ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのもとともなった赤や黄色の斑を持つ白いスパニエル(ブレナム・スパニエル、ブレンハイム・スパニエル)を祖先とするという説もある[2]。いずれにせよ、犬種名はニューカッスル公爵の領地であるノッティンガムシャークランバー・パーク英語版に由来する[2]

19世紀を通じてクランバー・スパニエルは人気があったが、厳しく管理され、入手は難しかった[1]イギリス王室でも飼われ、特に、エドワード7世ジョージ5世に愛されたことが知られる[3][4]

第二次世界大戦後は人気が衰退し、イギリス国内での登録犬数はスプリンガー・スパニエルコッカー・スパニエルの100分の1以下という[1]。また、猟犬としての活躍の場は減り、主にペットやショードッグとして飼われるようになった[2]。これに伴い、より重量感のある個体が好まれるようになった一方で、実猟犬としての容姿・能力を維持しようとする動きも起こった[2]。イギリスでは、1980年代後半以降、「ワーキング・クランバー・スパニエル協会」が、ザ・ケネルクラブの犬種標準とは異なる基準で実猟犬としてのクランバー・スパニエルの維持に努めている[2]

日本では、多くの年において、ジャパンケネルクラブに十数頭から数十頭の登録がある[5]

特徴[編集]

体高は雄48〜51cm、雌43〜48cm、体重は雄32〜39kg、雌25〜32kgの中型犬[4] 。体格はがっしりとして、重量感があり、やや胴長である[1][2]。これはバセット・ハウンドを交配したためともいう[1][2][6]。主にフラッシング・ドッグとして使われ、深い藪の中でやウサギを見つけ出す役割を担った。整然とゆっくり歩くため、猟師徒歩で猟を行うことができる[2]。伝統的には群れで使われたが、現在は一般的に1頭か数頭のみが用いられる[1]。歩く時にあまり音を立てないので、主人は首輪をつけて犬の位置を把握する[1]

マズルの長さは短めで、頭部は大きい[6]。首も短く太い。耳は垂れ耳で、尾は飾り毛のある垂れ尾だが、断尾して短くすることもある[3]。コートは豊かなウエーブがかったロングコートで、毛色はホワイトにレモンの班が理想とされるが、オレンジの斑も認められている[2]

性格はおっとりしていて温和であり、攻撃的な面が無い[1]。しかし、自立心も強く、エネルギッシュで活動的である[2]。見知らぬ人や犬とはあまり積極的に関わりたがらない[7]

運動量は普通だが、肥満になりやすいので食事には配慮が必要である[7]。かかりやすい病気は股関節形成不全眼瞼異常椎間板ヘルニア、皮膚病などである[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k デズモンド・モリス著、福山英也監修『デズモンド・モリスの犬種事典』誠文堂新光社、2007年、134ページ
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 藤田りか子『最新 世界の犬種大図鑑』誠文堂新光社、2015年、368ページ。
  3. ^ a b c 中島眞理監修・写真『学研版 犬のカタログ2004』学習研究社、2004年、52ページ
  4. ^ a b c 藤原尚太郎『日本と世界の愛犬図鑑 最新版』辰巳出版、2013年、214ページ。
  5. ^ ジャパンケネルクラブ「公開データ: 犬種別犬籍登録頭数(1~12月)」。
  6. ^ a b ブルース・フォーグル著、福山英也監修『新犬種大図鑑』ペットライフ社、2002年、223ページ。
  7. ^ a b c 佐草一優監修『日本と世界の愛犬図鑑 2007』辰巳出版、2006年、116ページ。