クララ・ダン・フォン・ノイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Klára Dán von Neumann
クララ・ダン・フォン・ノイマン
生誕 Dán Klára
(1911-08-18) 1911年8月18日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ブダペスト
死没 1963年11月10日(1963-11-10)(52歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンディエゴ
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍  ハンガリーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 計算機科学
研究機関 プリンストン大学
ロスアラモス国立研究所
主な業績 MANIAC I英語版
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

クララ・ダン・フォン・ノイマン(Klára Dán von Neumann、1911年8月18日 - 1963年11月10日)は、ハンガリー系アメリカ人の計算機科学者である。世界初のコンピュータプログラマーの1人として知られる[1]

生涯[編集]

1911年8月18日にハンガリー(出生時はオーストリア・ハンガリー)のブダペストで、裕福なユダヤ人家庭の元に生まれた[2][3][4]。父のKárolyは第一次世界大戦中にオーストリア・ハンガリー陸軍の将校だったが、クン・ベーラハンガリー・ソビエト共和国の成立を宣言すると、その弾圧を逃れて一家はウイーンに移った。政権が転覆すると、一家はブダペストに戻った。14歳のとき、フィギュアスケートの国内チャンピオンになった[3]。彼女はブダペストでヴェレス・パルネ英語版が開設した女子中等学校に入学し、1929年に卒業した[5]

1931年にFerenc Engelと結婚し、1936年にAndor Rapochと結婚した[6]ジョン・フォン・ノイマン第二次世界大戦勃発前にブダペストに一旦戻った際、クララと出会った[7]。1938年にジョン・フォン・ノイマンが離婚をすると、クララも離婚し、2人は結婚してアメリカ合衆国へ移った。

彼女は1943年にプリンストン大学の統計計算グループの責任者となった。1946年にロスアラモス国立研究所に移り、ジョン・フォン・ノイマン、ジュリアン・ビゲロー英語版が設計したMANIAC I英語版のプログラミングを行った[5][8]。彼女は、ENIACの新しい制御の設計にも関与し、その主要なプログラマの1人だった[9][10]

1957年のジョン・フォン・ノイマンの死後、1956年のシリマン記念講演英語版[11]の内容が出版されることになったとき、クララはその序文を書いた。これは後に、The Computer and the Brain(計算機と脳)としてイェール大学出版局から出版された[12]

彼女は1958年にカール・エッカート英語版と結婚し、カリフォルニア州ラホヤに移った。1963年、ラホヤの自宅から浜辺まで車で行き、波に飲まれて溺死した。サンディエゴ検死官事務所は彼女の死を自殺と記載した[3][13]

脚注[編集]

  1. ^ John von Neumann: The Father of the Modern Computer”. Mathematical Association of America. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Chen, J with Su-I Lu, and Dan Vekhter. “Von Neumann and the Development of Game Theory”. 2012年3月31日閲覧。
  3. ^ a b c Dyson, George (2012). Turing's Cathedral: The Origins of the Digital Universe. Vintage Books. ISBN 978-1-4000-7599-7. 
  4. ^ Withman, Sarah. “Meet the Computer Scientist You Should Thank For Your Smartphone’s Weather App”. 2017年6月19日閲覧。
  5. ^ a b Finding Aid to the Collection in the Library of Congress”. John Von Neumann and Klara Dan Von Neumann Papers. Library of Congress (2014年). 2017年7月22日閲覧。
  6. ^ Klára Dán”. Geni Family Tree. 2017年7月22日閲覧。
  7. ^ Macrae, Norman (1992). John von Neumann: The Scientific Genius Who Pioneered the Modern Computer, Game Theory, Nuclear Deterrence, and Much More (1. ed.). New York: Pantheon Books. pp. 170–174. ISBN 0679413081. 
  8. ^ Q&A: Hacker Historian George Dyson Sits Down With Wired’s Kevin Kelly”. Wired. Wired. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Coyle, Karen. “Turing's Cathedral, or Women Disappear”. Coyle's InFormation. Karen Coyle. 2013年12月8日閲覧。
  10. ^ Andrieu, Christophe; de Freitas, Nando; Doucet, Arnaud; Jordan, Michael I. (2003). “An Introduction to MCMC for Machine Learning”. Machine Learning 50 (1/2): 5–43. doi:10.1023/A:1020281327116. http://www.cs.ubc.ca/~nando/papers/mlintro.pdf. 
  11. ^ von Neumann, Klara. “Preface, Von Neumann Silliman lectures”. The MacTutor History of Mathematics archive. School of Mathematics and Statistics, University of St Andrews Scotland. 2012年3月31日閲覧。
  12. ^ von Neumann, John (2000). The Computer and the Brain. With a foreword by Paul M. & Patricia S. Churchland (2nd ed.). New Haven, Conn. [u.a.]: Yale Nota Bene. ISBN 9780300084733. 
  13. ^ “Former Wife of Late Atomic Energy Commission Official Drowns” (英語). Albuquerque Journal. (1963年11月11日). https://www.newspapers.com/newspage/156684437/ 2017年7月22日閲覧。 

参考文献[編集]