クラピナ=ザゴリエ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラピナ・ザゴリエ郡の位置

クラピナ=ザゴリエ郡(Krapinsko-zagorska županija)はクロアチア北部に位置するクロアチアの地方行政区分。郡庁所在地はクラピナ

歴史的に「クロアチア領ザゴリエ英語版」と呼ばれた地域の大部分を含んでおり、クロアチアで最も牧歌的な地方のひとつとされている。丘陵地に小さな村が散在し、農業、とりわけワイン生産が盛んである。また、避暑地としても知られている。多くの湖や川は観光資源になる一方で濃霧の原因ともなっており、一年のうち15%は霧により視界が悪い。

スロヴェニアと国境を接しており、過去にはオーストリア帝国の一部だった。当時の城砦が多く残されている。 郡内で最大のランドマークは、郡庁所在地クラピナの近隣にある10万年前のネアンデルタール人の発掘現場である。 現在のクラピナ1193年の記録にその名前が見られるのが最初である。歴史を通して、クロアチアおよびハンガリーの支配階級が城や邸宅を多く構える土地であった。

それ以外の町にはザボクプレグラダズラタルオロスラヴィエドニャ・ストゥビツァクラニェツがある。ストゥビツァの町にはストゥビツァ温泉(Stubičke toplice)と呼ばれる温泉がある。ヴェリキ・タボル、ミリャナ、ベジャネツ、ヘレンバッハ、ミレングラードといった中世の城も多く存在している。

地理[編集]

北西でヴァラジュディン郡、南西および南東でザグレブ郡、南部でザグレブ直轄市に接している。

歴史[編集]

外部リンク[編集]