クラウス・K・ヒュプラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラウス・K・ヒュプラー
Klaus Karl Hübler
生誕 1956年7月12日
ドイツの旗 ドイツミュンヘン
死没 (2018-03-04) 2018年3月4日(61歳没)
ドイツの旗 ドイツミュンヘン
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家
公式サイト http://www.klaushuebler.de/#

クラウス・カール・ヒュプラーKlaus Karl Hübler, 1956年7月12日 - 2018年3月4日)は、ドイツ現代音楽作曲家音楽学者

略歴[編集]

ミュンヘン出身。ピーター・キースウェッターとブライアン・ファーニホウに作曲を学ぶかたわら、ミュンヘン大学音楽学を平行して学んだ。1975年のデビュー以降、次第に新しい複雑性に共鳴し、1982年ダルムシュタットクラーニヒシュタイン音楽賞を、1977年1990年にはシュトゥットガルト市の作曲賞を2度受賞する[1]など、数々の賞を受賞している。また国際的な評価の高まりと共に、ガウデアムス国際音楽週間ダルムシュタット夏季現代音楽講習会などの音楽祭に度々招聘されるようになった。しかし、活発な創作活動を行うと思われた矢先、1989年に重病に倒れ[2]、約6年もの間活動を中断することを余儀なくされたが1995年にはカムバックした[3]

作品は1975年よりトレメディア音楽出版社から、現在はリコルディ社より出版が行われている。

2018年3月4日、ミュンヘンにて死去。

作風[編集]

アルディッティ弦楽四重奏団によって初演された《弦楽四重奏第3番 - Dialektische Phantasie》ではヴァイオリンに対して13声部を与えるなど非常に複雑な書法が採られ、奏者に極限的な要求をするが、物静かで内省的な印象を与える作品が多い。

脚注[編集]

  1. ^ Ricordi trauert um Klaus K. Hübler” (英語). www.ricordi.com. 2019年8月17日閲覧。
  2. ^ 歩行と言語能力に重い障害が残るほどだった。
  3. ^ Abschied von Klaus Karl Hübler *12.7.1956 - ✝4.3.2018 | MGNM - Münchner Gesellschaft für Neue Musik e.V.”. www.mgnm.de. 2019年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]