ガウデアムス国際音楽週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガウデアムス国際音楽週間英語:International Gaudeamus Music Week)は、オランダアムステルダムで開催される現代音楽のための音楽祭。毎年9月上旬に行われる。

概要[編集]

主催のガウデアムス財団は国際現代音楽協会(ISCM)のオランダ支部も務めており、かつてはISCMの総本部も担当していた。音楽祭はコンクールを内包するが、それだけでなく作曲家や地域に焦点を当てた特集演奏会や、招待演奏家・演奏団体による個性的なプログラムが展開される。

2004年度より新しくアムステルダムに建設されたムジークヘボウ(Musiekgebouw、音楽ホールの意味)に拠点を移した。このほかヤクルトザール、アイスブレーカー、フェリックス・メリティスといった周辺の音楽ホールやライブハウス、アムステルダム音楽院、あるいは教会なども演奏会場として使われる。

コンクール[編集]

音楽週間はまた、世界で最も競争率の高い作曲コンクールとしても有名で、当初は35歳以下の作曲家を対象に第3位までを入賞とするシステムであったが、30代のレヴェル選抜に苦しんだのかこのコンクール自体を打ち切ってしまう。現行制度になるのは1984年からで、原則的には世界中の応募当時30歳以下の作曲家の応募作を3人の審査員によって審査する。助成が大きくなって二管編成で12型のオーケストラ作品も応募できるようになるなど大盤振る舞いが祟り、2010年代はもっぱら室内アンサンブルを公募している。審査員によってその年の傾向が年毎に変わるのも大きな特徴である。

ガウデアムス財団はこの他にも春に行われる現代音楽の演奏コンクールを擁していた。

経営破綻[編集]

アムステルダム市が2013年に「現代音楽への助成の打ち切り」を発表。これによりオランダ音楽情報センターは解散し、ガウデアムス財団図書館は消滅した。ガウデアムス国際音楽週間は規模を大幅に縮小してユトレヒト市で細々と続けている。ガウデアムス国際現代音楽演奏コンクールは閉会した。

現在のガウデアムス国際音楽週間はISCMオランダ支部の持ち物になっている。アムステルダム時代は最大20人を招待することが出来たが、現在招待される作曲家はわずか5名である。これに伴い投函数は激減し、400作超を誇った競争率は、80作を切ってしまっていたが近年100作は越えた。

ガウデアムス賞歴代優勝者[編集]

  • 1957 Peter Schat (NL)
  • 1958 Otto Ketting (NL, Due Canzoni)
  • 1959 Louis Andriessen (NL)
  • 1960 Lars Johan Werle (SE)
  • 1961 Misha Mengelberg (NL), Per Nørgård (DK) and Enrique Raxach (ES/NL)
  • 1962 Pauline Oliveros (US, Sound Patterns)
  • 1963 Arne Mellnäs (SE)
  • 1964 Ib Nørholm (DK)
  • 1965 Joep Straesser (NL) and Mario Bertoncini (IT)
  • 1966 Alfred Janson (NO) and Ton Bruynèl (NL)
  • 1967 Hans-Joachim Hespos (DE), Costin Miereanu (RO/FR), Maurice Benhamou (FR), Jean Yves Bosseur (FR) and Tona Scherchen (CH)
  • 1968 Vinko Globokar (FR)
  • 1969 Jos Kunst (NL)
  • 1970 Jan Vriend (NL, Huantan)
  • 1971 John McGuire (US)
  • 1972 Daniel Lentz (US)
  • 1973 Maurice Weddington (US)
  • 1974 Christian Dethleffsen (DE)
  • 1975 Robert Saxton (UK)
  • 1976 Fabio Vacchi (IT, Les Soupirs de Geneviève)
  • 1977 Şerban Nichifor (RO)
  • 1978–1983 実施されなかった
  • 1984 Mauro Cardi (IT)
  • 1985 Unsuk Chin (KR)
  • 1986 Uros Rojko (SI)
  • 1987 Karen Tanaka (JP)
  • 1988 Michael Jarrell (CH)
  • 1989 Richard Barrett (UK, I open and close)
  • 1990 Claus-Steffen Mahnkopf (DE) and Paolo Aralla (IT)
  • 1991 Asbjorn Schaathun (NO)
  • 1992 Jörg Birkenkötter (DE)
  • 1993 David del Puerto (ES)
  • 1994 Richard Ayres (UK)
  • 1995 Jesús Torres (ES) and Michael Oesterle (CA)
  • 1996 Régis Campo (FR)
  • 1997 Hang Zou (CN)
  • 1998 Kumiko Omura (JP) and Geoff Hannan (UK)
  • 1999 Michel van der Aa (NL)
  • 2000 Yannis Kyriakides (CY/NL)
  • 2001 Palle Dahlstedt (SE) and Takuya Imahori (ja) (JP)
  • 2002 Valerio Murat (IT)
  • 2003 Dmitri Kourliandski (RU)
  • 2004 Sampo Haapamäki (FI, Signature)
  • 2005 Oscar Bianchi (IT/CH)
  • 2006 Lefteris Papadimitriou (GR) and Gabriel Paiuk (AR)
  • 2007 Christopher Trapani (US)
  • 2008 Huck Hodge (US, Parallaxes for chamber orchestra)
  • 2009 Ted Hearne (US, Katrina Ballads)
  • 2010 Marko Nikodijevic (RS/DE)
  • 2011 Yoshiaki Onishi (JP/US)
  • 2012 Konstantin Heuer (DE)
  • 2013 Tobias Klich (Germany)
  • 2014 Anna Korsun (Ukraine)
  • 2015 Alexander Khubeev (RU)

参考文献[編集]

  • "Gaudeamus Foundation". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.
  • "Hall of Fame". Gaudeamus Muziekweek. Retrieved 16 May 2014.
  • https://idw-online.de/de/news499617

外部リンク[編集]