クマーウーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウッタラーカンド州内のクマーウーンの位置(オレンジ)
ウッタラーカンド州のインド国内の位置

クマーウーンヒンディー語:कुमाऊं、Kumaun/Kumaon)は、インドウッタラーカンド州の東側の地方。アルモーラー県バーゲーシュワル県チャーンパーワト県ルドラプラヤーグ県ピトーラーガル県ナイニータール県ウダム・シング・ナガルを含む。住民はクマーウーニー語を話す。

歴史[編集]

6世紀頃以降、クマーウーン王国が創始された。

18世紀末から19世紀初頭にかけて、ネパール王国が侵攻した。

1815年、クマーウーン王国はイギリスと軍事保護条約を結び、その支配下に入った[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Robert Montgomery Martin, History of the Possessions of the Honourable East India Company, Volume 1, pg. 107

関連項目[編集]

クマーウーン王国の君主 (1750年

外部リンク[編集]