クプヤンシク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • クピャンスク
クプヤンシク

Куп'янськ (ウクライナ語) (Kupiansk)
1 Травня,2,м.Куп'янськ.jpg
Kupiansk Pershoho Travnia St Square.jpg
Kupiansk City House of Culture.jpg
Kupiansk Office of the State Treasury of Ukraine in Kharkiv oblast.jpg
クプヤンシクの旗
クプヤンシクの紋章
紋章
クプヤンシクの位置(ウクライナ内)
クプヤンシク
クプヤンシク
クプヤンシクの位置(ハルキウ州内)
クプヤンシク
クプヤンシク
座標:座標: 北緯49度43分 東経37度35分 / 北緯49.717度 東経37.583度 / 49.717; 37.583
Country  ウクライナ
ハルキウ州の旗 ハルキウ州
ラヨン(地区) クプヤンシク地区英語版ウクライナ語版
クプヤンシク
成立 1655年
面積
 • 合計 33.34 km2
人口
(2021)
 • 合計 27,169人
 • 密度 810人/km2
等時帯 UTC+2 (東ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+3 (東ヨーロッパ夏時間)
郵便番号
63700-63709
ウェブサイト http://kupyansk.osp-ua.info/

クプヤンシク (ウクライナ語: Куп'янськ, 発音 [ˈkupjɐnʲsʲk] ( 音声ファイル)、クピヤンシク; ロシア語: Купянск, Kupyansk 発音 [ˈkupʲɪnsk], クピャンスク) は、ウクライナ北東ハルキウ州の市で、クプヤンシク地区英語版ウクライナ語版行政の中心である。 州の重要な鉄道の分岐点でもある。クプヤンシクは、ウクライナのフロマーダの一つである、クプヤンシク都市型フロマーダの行政の中心も務めている[1]。2020年7月18日まで、クプヤンシクは州重要都市英語版であり、旧クプヤンシク・フロマーダ[注釈 1]中心自治体だった。フロマーダはハルキウ州の地区のラヨン数を7つに減らした2020年7月のウクライナの行政改革の一環として廃止された。クプヤンシクの地域は旧クプヤンシク・フロマーダからクプヤンシク地区へ編入された[2][3]

概要[編集]

クプヤンシク鉄道駅

クプヤンシクはオスコル川の河岸に位置しており、クプヤンシク (街の中心部)、クプヤンシク=ヴズロヴィー (鉄道駅が位置している)、そしてキウシャリウカウクライナ語版英語版として知られている3つの下位区分に分かれている。

クプヤンシクはハルキウから約2時間半である。電車とバスが接続している。

歴史[編集]

クプヤンシクは、第二次世界大戦中の1942年7月24日から1943年7月24日の間ナチス・ドイツに占領された。

クプヤンシクは、2022年2月27日からロシア軍によって占領されていた[4]。 敵軍の進撃を遅らすためウクライナ軍が鉄道橋を破壊したにも関わらず、3日後当市市長で「野党プラットフォーム ― 一生」のHennadiy Matsehoraは、武力で奪うとの脅しに対し、和平と引き換えにロシア陸軍に市を明け渡した。その結果、翌日ウクライナ政府はMatsehoraを反逆罪起訴した[5][6]。 2月28日、Matsehoraはウクライナ当局に逮捕された[7]

ドンバス地域侵攻の拠点であったイジュームへの物資が鉄道や道路で集まるクプヤンシクに対して、ウクライナ軍は9月初旬の反転攻勢で進撃し、オスコル川の橋を破壊してクプヤンシク市街を孤立させた。9月10日、ウクライナ軍が市議会を奪還。[8]

気候[編集]

クプヤンシク (1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F −1.7
(28.9)
−1.1
(30)
5.1
(41.2)
15.3
(59.5)
22.3
(72.1)
26.0
(78.8)
28.1
(82.6)
27.4
(81.3)
20.9
(69.6)
13.0
(55.4)
4.4
(39.9)
−0.6
(30.9)
13.3
(55.9)
日平均気温 °C°F −4.5
(23.9)
−4.6
(23.7)
0.8
(33.4)
9.5
(49.1)
15.9
(60.6)
19.7
(67.5)
21.7
(71.1)
20.4
(68.7)
14.5
(58.1)
8.0
(46.4)
1.2
(34.2)
−3.4
(25.9)
8.3
(46.9)
平均最低気温 °C°F −7.3
(18.9)
−7.8
(18)
−2.8
(27)
4.1
(39.4)
9.5
(49.1)
13.7
(56.7)
15.5
(59.9)
13.8
(56.8)
8.8
(47.8)
3.6
(38.5)
−1.6
(29.1)
−6.1
(21)
3.6
(38.5)
降水量 mm (inch) 42.9
(1.689)
41.4
(1.63)
38.7
(1.524)
34.7
(1.366)
48.6
(1.913)
73.6
(2.898)
61.5
(2.421)
39.7
(1.563)
47.0
(1.85)
43.8
(1.724)
45.9
(1.807)
45.0
(1.772)
562.8
(22.157)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 9.5 8.6 8.1 6.3 7.1 8.8 7.0 5.3 7.0 6.3 7.1 8.5 89.6
湿度 83.8 81.2 76.6 65.4 61.3 65.2 64.5 64.4 70.8 77.1 84.1 85.2 73.3
出典:World Meteorological Organization[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年7月以降の新生クプヤンシク都市型フロマーダとは別。

出典[編集]

  1. ^ Купянская городская громада” (ロシア語). Портал об'єднаних громад України.
  2. ^ “Про утворення та ліквідацію районів. Постанова Верховної Ради України № 807-ІХ.” (ウクライナ語). (2020年7月18日). http://www.golos.com.ua/article/333466 2020年10月3日閲覧。 
  3. ^ Нові райони: карти + склад” (Ukrainian). Міністерство розвитку громад та територій України.
  4. ^ In Kharkiv region, mayor admits to handing over city to occupiers”. Pravda (2022年2月27日). 2022年2月28日閲覧。
  5. ^ Mayor of Kupiansk who surrendered his city to invaders indicted for treason” (英語). Ukrayinska Pravda. 2022年3月22日閲覧。
  6. ^ In Kharkiv region, mayor admits to handing over city to occupiers” (英語). Ukrayinska Pravda. 2022年3月22日閲覧。
  7. ^ Мера Куп'янська, який здав місто окупантам, затримано – джерело” [Mayor of Kupyansk, who surrendered the city to the occupiers, has been detained - source] (ウクライナ語). LIGA (2022年2月28日). 2022年3月22日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/Militarylandnet/status/1568486134056947712?t=3L9qOso8vC2CHhEAxqqzfg&s=19
  9. ^ World Meteorological Organization Climate Normals for 1981–2010”. World Meteorological Organization. 2021年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月18日閲覧。