クエレブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クエレブレ(el Cuélebre)は、スペインアストゥリアス地方では「」という意味の語であり、後に固有名詞にもなった[注釈 1]

伝承[編集]

この竜は主に森や地下洞窟や源泉に住んでいるという[1]。その体は、弾丸すらはじき飛ばすほど堅い鱗に覆われ、飛ぶことのできる羽を持ち[1]吐息でを放ち、叫び声ははるか遠くまで響き渡る。どんどん大きく成長し、鱗もより堅くなり、地上で生きることが難しくなると、[要出典]年老いた個体は陸地を離れて海の中に移り住む[2]若い個体は、家畜や人間を襲い血を吸うこともある。[要出典]

アストゥリアス地方メスタス・デ・コンには「クエレブレの洞窟」と呼ばれる3つの洞窟があるという。また、カラビア英語版にあるフォンドリルの泉では、クエレブレの鳴き声が聞こえるという[2]

強暴なクエレブレばかりとは限らない。金髪をもつ水の妖精シャナ[注釈 2]の面倒をみている竜もいるという[1]

アストゥリアス州クディリェーロスペイン語版ブラーニャセカ洞窟 (Brañaseca) のクエレブレには、家畜を食べられないように村人がとうもろこしライ麦のパンを与えていたという。時には針を大量に入れたパンや、パンではなく高温に熱した石を与え、これを食べたクエレブレが死ぬこともあったという。焼けた石を飲んだものが海に逃げて体を冷やして助かった例もあるとされる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語で「Culebra」は蛇の意となり、竜は「Dragón」である[1]
  2. ^ 元は人間である。クエレブレの力で転生して長き生を得た。シャナ (妖精)を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 三原 (1998b), p.197.
  2. ^ a b 三原 (1998b), p.198.
  3. ^ 三原 (1998a), p.195.

参考文献[編集]

  • 『世界の龍の話』 竹原威滋・丸山顯德編著、三弥井書店〈世界民間文芸叢書 別巻〉、1998年7月10日、初版。ISBN 978-4-8382-9043-7
    • 三原 (1998a):三原幸久「スペイン 2 アストゥリアスの龍」pp.195-196.
    • 三原 (1998b):三原幸久「スペイン 解説」pp.197-198.

関連項目[編集]