ギース・アンド・ゴースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
The Geese And The Ghost
アンソニー・フィリップススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル ヴァージン・レコード
プロデュース アンソニー・フィリップスマイク・ラザフォードサイモン・ヘイワース
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 191位(アメリカ[1]
  • アンソニー・フィリップス 年表
    The Geese And The Ghost
    (1977年)
    Wise After The Event
    (1978年)
    テンプレートを表示

    The Geese And The Ghostアンソニー・フィリップスのファースト・アルバムである。ほとんどの曲はジェネシスのメンバーであるマイク・ラザフォードと共に作成された楽曲でありサウンドも初期ジェネシスの延長線にあるが、やはりアンソニーの好みを反映させた牧歌的なアコースティックな演奏が全体的に大きい位置を占めている。なお、"Which Way the Wind Blows"と"God if I Saw Her Now"ではフィル・コリンズがボーカルとして参加している。 アルバム・ジャケットは、この作品以降しばしばアンソニーのアルバムをデザインすることになるピーター・クロスの手による。

    収録曲[編集]

    1. "Wind - Tales" 0:59
    2. "Which Way the Wind Blows" 5:52
    3. "Henry; Portraits From Tudor Times"
      1. Fanfare (1:02)
      2. Lutes' Chorus (1:05)
      3. Misty Battlements (2:06)
      4. Henry Goes to War (3:52)
      5. Death of a Knight (2:09)
      6. Triumphant Return (1:51)
    4. "God if I Saw Her Now" 4:12
    5. "Chinese Mushroom Cloud" 0:46
    6. "The Geese and the Ghost"
      1. Part 1 (8:12)
      2. Part 2 (7:32)
    7. "Collections" 3:07
    8. "Sleepfall: The Geese Fly West 4:34
    9. Master Of Time (Demo) 7:37 (再発盤に追加されたエクストラ・トラック)

    脚注[編集]