ギリシャ十字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギリシャ十字

ギリシャ十字(ギリシャじゅうじ)は、キリスト教で最も頻繁に用いられる十字の一つ。正教会で最も頻繁に用いられる十字の一つであるが、西方教会カトリック教会聖公会プロテスタント)でもラテン十字と並んで広く用いられる。キリスト教においてのみならず、各種の紋章・標章等にも広く用いられている。

横木と軸木が同じ長さで構成され、横木と軸木は中央で交差している。

ビザンティン建築をはじめとして、聖堂建築などにおいて平面がギリシャ十字型に構成されるものも多く、建築関連の記事に「ギリシャ十字型の平面」という説明が頻繁に用いられる。また、赤十字緑十字は、ギリシャ十字を使用したスイス国旗を基にしてデザインされている。

使用例[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2719 - ✙
✙
OUTLINED GREEK CROSS
U+271A - ✚
✚
HEAVY GREEK CROSS

関連項目[編集]