ギュスターヴ=アドルフ・モッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギュスターヴ=アドルフ・モッサ
Gustav-Adolf Mossa
生誕 (1883-01-28) 1883年1月28日
フランスの旗 フランス共和国ニース
死没 (1971-05-25) 1971年5月25日(88歳没)
フランスの旗 フランス、ニース
国籍 フランスの旗 フランス
著名な実績 絵画
代表作 飽食のセイレーン
運動・動向 象徴主義
公式サイト http://servat.rene.free.fr/mossa.htm

ギュスターヴ=アドルフ・モッサGustav-Adolf Mossa, 1883年1月28日 - 1971年5月25日)は、フランス画家。フランス象徴主義の最後の世代の画家。彼の父アレクシス・モッサ(1844-1926)はニースでデッサン学校を経営し、[1]またニース美術館館長を務めた画家で、19世紀後半のニースのカーニバルのための多くのポスターを作った。アドルフ・モッサはこの父から絵画技法を学んだ。また彼はギュスターヴ・モローリュシアン・レヴィ=デュルメルエドガー・マクサンスエミール・ルネメナード等の画家やマラルメボードレールユイスマンス等の象徴主義派の作家に影響を受けた。更に、15世紀の巨匠、ラファエル前派アール・ヌーヴォーなどからインスピレーションを受けた。 1905年頃から1918年頃迄怪奇と退廃を特徴とする絵画を描いて脚光を浴びるが、第一次世界大戦に従軍し負傷後は絵画から遠ざかった。(Fr)

出典[編集]

  1. ^ 千足 伸行 『すぐわかる画家別幻想美術の見かた (改訂版)』 東京美術、2010年ISBN 978-4-8087-0887-0

参考文献[編集]

  • 千足 伸行 (監修) 『すぐわかる画家別幻想美術の見かた』改訂版(東京美術 2010年)ISBN978-4-8087-0887-0

外部リンク[編集]