ギャラクシーエクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社ギャラクシーエクスプレス (GALAXY EXPRESS Co.) とは日米の民間企業の出資により2001年に設立された、人工衛星の打上用ロケットおよびシステムの設計・開発、製造を業務とした企業。日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) および新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) が技術協力を行っていた。

二段型の中型ロケットであるGXロケット製造の為に設立された。打ち上げには種子島宇宙センターが使用される予定だったが、その後アメリカのヴァンデンバーグ空軍基地に変更された。

2006年後半に試験機1号機を打ち上げることを目標としていたが、度重なる延期の末に2009年12月に政府はGXロケットの中止を決定した。この結果、翌2010年1月にIHIは113億円の特別損失を計上してギャラクシーエクスプレス社の解散を決定した[1]。最終的に2010年4月1日付けで解散となり[2]、負債総額は229億200万円に及んだ[3]

出資企業[編集]

脚注[編集]