キーナ・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キーナ・ターナー

Keena Turner  No. 58

ラインバッカー
生年月日:1958年10月22日(56歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
身長:6' 2" =約188cm 体重:219 lb =約99.3kg
NFLデビュー
1980年サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
経歴
大学パデュー大学
NFLドラフト1980年 / 2巡目(全体の39番目)
 所属チーム:
通算成績
(1990年までの成績)
QBサック     19.5回
インターセプト     11回
出場試合数     153試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

キーナ・ターナー(Keena Turner 1958年10月22日- )はイリノイ州シカゴ出身のアメリカンフットボール選手。NFLのサンフランシスコ・フォーティナイナーズで11シーズンプレーした。ポジションはラインバッカー

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

シカゴのギャングに支配される、低所得者層が住む地域で育った[1]

シカゴ・ベアーズプロフットボール殿堂入り選手、ディック・バトカスと同じ高校に入学した。パデュー大学ではビッグ・テン・カンファレンスのオールチームに2度選ばれた[2]

NFL[編集]

1980年のNFLドラフト2巡でサンフランシスコ・フォーティナイナーズに指名された[3]。フォーティナイナーズでは、アウトサイドラインバッカーとしてプレーした。

1982年1月24日に行われた第16回スーパーボウルでは、ひどい風邪をひいて迎え、第3Qに自陣14ヤードまで攻め込まれた第4ダウンのプレーで、交代のコールを見逃しフォーティナイナーズは10人でプレーし、ピート・ジョンソンファーストダウン更新を許した[4]

1984年には2サック、4インターセプトをあげるとともにNFL最少失点であったディフェンスの中で強いリーダーシップを発揮、プロボウルに選出された[5][6]

1990年1月、ロサンゼルス・ラムズとのNFCチャンピオンシップゲームでは、ジム・エバレットからヘンリー・エラードに投げられたパスをインターセプトしている[7]

1990年9月、ロースターからカットされたが[8]、その後復帰し全16試合に出場した。

フォーティナイナーズ一筋で11シーズンプレーし、1990年シーズンを最後に現役を引退した[2][9]。引退までにスーパーボウルリングを4個獲得した[9]。フォーティナイナーズの選手として1980年代に4回優勝しているのは、他にジョー・モンタナロニー・ロットエリック・ライトマイク・ウィルソンの4人のみで、ジェシー・サポール第19回スーパーボウルから第29回スーパーボウルまでの4回優勝メンバーとなっている。

1991年4月、エリック・ライト、マイク・ウィルソンとともに契約延長のオファーを受けず、現役を引退した。同時にプランBでロニー・ロットロジャー・クレイグマット・ミレンがフォーティナイナーズから移籍した[10]

現役引退後[編集]

現役引退後も、フォーティナイナーズのチームスタッフとして留まり、1992年からスタンフォード大学のヘッドコーチに就任したビル・ウォルシュの下でアシスタントコーチを1995年まで務めた[2][6]

1998年にフォーティナイナーズのスタッフに復帰した[6]

スタンフォード大学でのコーチを辞めた後、テレビやラジオ解説者として10年以上にわたり活動している[2]

2000年6月には、カリフォルニア州トレーシー英語版トヨタのカーディーラー、TRACY TOYOTAを元チームメートのロニー・ロットと設立した[2][6]

2006年、パデュー大学の殿堂入りを果たした[2]

2008年、フォーティナイナーズの副社長に就任した[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Unsung 49er Escapes All But One Chicago Gang”. シカゴ・トリビューン (1987年12月11日). 2012年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Eruc Scoggins (2009年). “About Us - Board of Directors”. ericsvision.org. 2012年12月16日閲覧。
  3. ^ NFL Draft History”. nfl.com. 2012年12月16日閲覧。
  4. ^ Super Bowl XVI win over Bengals puts 49ers on the map”. 49erswebzone.com. 2012年12月16日閲覧。
  5. ^ David Fucillo (2009年7月13日). “49ers All-Time Outside Linebacker #2”. ninersnation.com. 2012年12月16日閲覧。
  6. ^ a b c d Keena Turner”. footballspeakers.com. 2012年12月16日閲覧。
  7. ^ Stopped at the Golden Gate : NFC championship: Joe Montana carves up Rams' zone, completing 26 of 30 passes in the 49ers' 30-3 victory.”. ロサンゼルス・タイムズ (1990年1月15日). 2012年12月16日閲覧。
  8. ^ 49ers Cut Veterans Turner, Fahnhorst, Wright”. ロサンゼルス・タイムズ (1990年9月3日). 2012年12月16日閲覧。
  9. ^ a b c Tom FitzGerald (2008年6月5日). “Keena Turner made 49ers VP”. サンフランシスコ・クロニクル. 2012年12月16日閲覧。
  10. ^ Pro Football”. ロサンゼルス・タイムズ (1991年4月14日). 2012年12月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]