キングココナッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スリランカの店舗で売られるキングココナッツ。

キングココナッツ英語: King coconut)は、南アジアスリランカを原産とするココナッツの一種[1]。スリランカのシンハラ語ではテンビリ(またはタンビリ තැඹිලි Thembili, Thambili)と称される。

普通のココナッツよりも甘めな種である。キングココナッツにも複数の種類が存在するが、中でも"レッド・ドワーフ" (red dwarf) または"カハ・テンビリ" (kaha thambili) と呼ばれる種類が一般的に知られている。また、"ラン・テンビリ" (ran thambili) [2][信頼性要検証]と呼ばれる小さい種では、一房に40もの実をつける。キングココナッツの木は普通のココナッツの木よりも背が低く、スリランカの多くの地で自生する姿を見ることができる。[3]

キングココナッツウォーターは伝統医療であるアーユルヴェーダにも用いられている。良く見られる使い方の一つとしては、キングココナッツウォーターにミロバラン英語版の粉を加えるものがある。[4][信頼性要検証]

脚注[編集]

  1. ^ WHAT IS KING COCONUT?”. 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ Thambili - Punchi Lindey Vathura Rasai”. 2016-10-08l閲覧。
  3. ^ Coconut varieties”. florida gardener. 2016年5月19日閲覧。
  4. ^ King Coconut”. 2016年10月8日閲覧。

関連項目[編集]