キルプエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キルプエ
—  都市および基礎自治体  —
キルプエの市章
紋章
愛称:「太陽の町」
キルプエの位置(チリ内)
キルプエ
キルプエ
座標: 南緯33度03分 西経71度27分 / 南緯33.050度 西経71.450度 / -33.050; -71.450
チリ
バルパライソ州
マルガ・マルガ県
設置 1898年
行政[1]
 - 種別 基礎自治体
 - 市長 マウリシオ・ビニャンブレス・アダスメ
面積
 - 計 537km2 (207.3mi2)
標高 141m (463ft)
人口 (2002年国勢調査)
 - 計 150,723人
 - 人口密度 280.7人/km² (726.9人/mi²)
等時帯 チリ標準時[2] (UTC-4)
 - 夏時間 チリ夏時間[3] (UTC-3)
郵便番号 24300000
市外局番 +56 32
ウェブサイト 公式サイト

キルプエスペイン語: Quilpué)は、チリ中部のバルパライソ州マルガ・マルガ県にある都市で、同県の県都。大バルパライソ都市圏の一部をなしている。太陽の町 (Ciudad del Sol) の名で広く知られる。都市部のエル・ベジョート町は1990年代後半に急速に発展した。

地名の由来[編集]

キルプエという地名の起源については、さまざまな説がある。ある人は、この地域にハトが多かったことから、先住民の言葉でハトを意味する cullpo と場所を意味する hue をあわせて「ハトのいる場所」を意味すると唱えている。先住民族のピクンチ族がその制作を得意とし、医療用に使用された「石のランセットの場所」を意味するという説も出されている。この地域の考古遺跡からは、多くの石のランセットが出土している。

観光[編集]

バルパライソと比べて晴れの日が多いため、「太陽の町」と呼ばれる。都市鉄道のMervalやハイウェイ、バス路線が沿岸部のビニャ・デル・マールやバルパライソ、内陸の諸都市に連絡している。住宅価格が低く、毎日数千人が沿岸部の都市に通勤する。

国道68号がサンティアゴまで延び、自動車で75分、地域間バスで90分かかる。バスはほとんどが首都の西側のパハリトス地下鉄連絡ステーションを発着する。

観光名所にはバルパライソ州唯一の動物園やコリグアイ市街、キャンプとハイキングともに向いているマルガ=マルガ渓谷がある。

歴史[編集]

ペドロ・デ・バルディビア総督がロドリゴ・デ・アラヤに土地を付与する1547年まで、この地域には長く先住民族が定住していた。17世紀にその土地がさらに分割されるまで、鉱業が長年基幹産業であった。

行政[編集]

2009年8月25日の法令20368号で新設され、2010年3月11日に発効したマルガ・マルガ県の県都である。基礎自治体としてのキルプエは、4年ごとに直接選挙で選ばれる市長(アルカルデ)が議長を務める議会が運営する第三級行政区分である。オルムエ、リマチェ、ビジャ・アレマーナと構成する下院の第12区と、バルパライソ=コルディジェラ地域からなる上院の第5区に所属する。

教育[編集]

バレンシア地区にバルパライソ・カトリック教会大学の工学部が、パソ・オンドにアコンカグア大学が所在する。

脚注[編集]

  1. ^ Municipality of Quilpué”. 2010年7月28日閲覧。
  2. ^ Chile Time”. WorldTimeZones.org. 2010年7月28日閲覧。
  3. ^ Chile Summer Time”. WorldTimeZones.org. 2010年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]