ガルダイタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガルダイタス (Gardaitis)とは、リトアニアの神話英語版に登場する。風と嵐を司り、船乗り達からは守護神として崇拝されている[1]

概要[編集]

T. ナルブット[注釈 1] (en) は、いくつかの年代記からこの神についての記述を引用して説明している。それによれば、ガルダイタスは海に住む巨大な怪物の姿をしているという。そして人々はガルダイタスに生贄として魚を捧げるという[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ T. ナルブット(1784年 – 1864年)はリトアニア系ポーランド人の著述家・歴史家・考古学者。詳細は英語版記事「Teodor Narbutt」を参照。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • アレグザンスキー, G.、ギラン, F.「リトワニアの神話」『ロシアの神話』ギラン,フェリックス編、小海永二訳、青土社〈シリーズ世界の神話〉、1993年10月、新版、pp. 93-143。ISBN 978-4-7917-5276-8