ガフール・ラヒモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガフール=アルスランベク・アフメドヴィチ・ラヒモフラテン文字:Gafur-Arslanbek Akhmedovich Rakhimov[1]ウズベク語: Gʻofur-Arslonbek Ahmedovich Rahimovロシア語: Гафур-Арсланбек Ахмедович Рахимов1951年7月22日-)はウズベキスタン実業家である。

経歴[編集]

ラヒモフは1951年7月22日にウズベク・ソビエト社会主義共和国時代のタシュケントで生まれた。ラヒモフは青年期にボクシング選手として活躍した後、コーチへと転身した。1991年にウズベキスタンが独立すると、彼は複数の民間会社を設立した。この中には原料の取引、完成品の取引両方の貿易会社が含まれていた。のちに彼は中央アジアボクシング界の重要人物となり、2001年2005年にはウズベキスタンオリンピック委員会の副会長に選出された[2]。2018年の国際ボクシング協会 (AIBA)総会で会長に選出された。

容疑[編集]

ラヒモフはウズベキスタンの裏世界と繋がりがあるのではないかと疑われており、特に中央アジアで有数の影響力の高い麻薬密売人であるカムチュベク・コルバエフとの関連を疑われている。2012年、アメリカ合衆国財務省はラヒモフとその他複数の個人に金融制裁を課し、ロシアを拠点に活動する犯罪組織ブラザーズ・サークル(Brothers' Circle)[注釈 1]』に関連する人物であるとして非難した[3][4]。 彼は億万長者であるアリシェル・ウスマノフとも親交があるが、ウスマノフは「特に親密な関係には無く、非合法的な取引を行っていることもない」と主張している[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ブラザーズ・サークルはユーラシア大陸の旧ソ連構成国中東アフリカ中南米に至る地域で暗躍する犯罪ネットワークであると報告されている。

出典[編集]

外部リンク[編集]