ガフサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gafsa.jpg

ガフサ(アラブ語:قفصة、英語:Gafsa)はチュニジアガフサ県の県都である。人口およそ9万人の鉱山がある小都市で、旧石器時代からの歴史を持つチュニジア最古の町。近郊にエルメクタ遺跡という旧石器時代の遺跡があり、ここを中心に栄えたアフリカの文化はガフサにちなみ、カプサ文化と名付けられた。

町の中心にはローマ時代のものと推定される天然湧き水を使用した浴場が存在する。

1980年にリビアで訓練を受けたチュニジア人反政府武装勢力によって襲撃された(ガフサ事件 (1980年)フランス語版)。

2008年ガフサ事件 (2008年)フランス語版

気候[編集]

ケッペンの気候区分ではステップ気候で、夏は乾燥し、非常に高温となる。秋から春にかけては多少の降水がみられる。内陸に位置するため大陸性の気候で、冬の最低気温は5℃を下回る日が多い一方、夏は40℃近くまで気温が上がる年較差の大きな地域である。

ガフサの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 22.9
(73.2)
28.0
(82.4)
36.9
(98.4)
35.1
(95.2)
39.4
(102.9)
45.2
(113.4)
45.3
(113.5)
44.5
(112.1)
41.3
(106.3)
35.8
(96.4)
30.5
(86.9)
25.2
(77.4)
45.3
(113.5)
平均最高気温 °C (°F) 14.7
(58.5)
17.0
(62.6)
19.7
(67.5)
23.6
(74.5)
28.7
(83.7)
33.7
(92.7)
36.8
(98.2)
36.2
(97.2)
31.6
(88.9)
25.7
(78.3)
19.8
(67.6)
15.4
(59.7)
25.2
(77.4)
日平均気温 °C (°F) 9.4
(48.9)
11.1
(52)
13.7
(56.7)
17.1
(62.8)
21.7
(71.1)
26.1
(79)
28.9
(84)
28.7
(83.7)
25.3
(77.5)
19.8
(67.6)
14.0
(57.2)
10.0
(50)
18.8
(65.8)
平均最低気温 °C (°F) 4.1
(39.4)
5.4
(41.7)
7.7
(45.9)
10.7
(51.3)
14.8
(58.6)
18.7
(65.7)
21.3
(70.3)
21.5
(70.7)
18.8
(65.8)
14.0
(57.2)
8.4
(47.1)
4.7
(40.5)
12.5
(54.5)
最低気温記録 °C (°F) −5.5
(22.1)
−4.3
(24.3)
−2.1
(28.2)
1.8
(35.2)
6.0
(42.8)
11.0
(51.8)
13.8
(56.8)
15.1
(59.2)
10.3
(50.5)
2.6
(36.7)
−1.2
(29.8)
−3.8
(25.2)
−5.5
(22.1)
降水量 mm (inch) 22.6
(0.89)
17.0
(0.669)
23.5
(0.925)
12.2
(0.48)
12.9
(0.508)
8.8
(0.346)
1.0
(0.039)
8.0
(0.315)
22.5
(0.886)
21.0
(0.827)
17.0
(0.669)
27.0
(1.063)
193.5
(7.618)
平均降水日数 3 3 4 3 3 1 0 1 3 3 3 3 30
湿度 65 61 58 55 52 47 43 48 55 61 65 68 56
平均月間日照時間 204.6 212.8 244.9 267.0 306.9 324.0 356.5 337.9 282.0 254.2 222.0 207.7 3,220.5
平均日照時間 6.6 7.6 7.9 8.9 9.9 10.8 11.5 10.9 9.4 8.2 7.4 6.7 8.8
出典: NOAA[1]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]