ガストン・リテーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガストン・ジルベール・リテーズGaston Gilbert Litaize, 1909年8月11日 - 1991年8月5日)は、フランス作曲家オルガニスト音楽教師

生涯[編集]

生まれて間もなく失明したガストン・リテーズは、パリにある国立盲学校に学んだ。その後パリ音楽院へ進学、マルセル・デュプレジョルジュ・コサードアンリ・ビュッセルおよびモーリス・エマニュエルらに師事。さらに、ルイ・ヴィエルヌの個人教授も受けた。1938年、ローマ賞作曲部門で第二位を獲得。これは、盲者がローマ賞を受賞した最初の例であった。1946年にはパリの聖フランソワ=ザビエル修道院のオルガニストの地位につき、また国立青年盲学校のオルガン教師も務めることとなった。彼はオルガニストとして多くの演奏旅行を行い、フランスの教会音楽を広く知らしめた。リテーズは82歳の誕生日間近の1991年8月、故郷ヴォージュ県メニル=スル=ベルヴィット(Ménil-sur-Belvitte)で逝去した。

主な作品[編集]

オルガン独奏曲[編集]

  • 12の小品 Douze Pièces(1931 - 1937年)
  • 全ての時のための大ミサ曲 Grand-Messe pour tous les temps(1948年)
  • バスク風ノエル Noël basque(1949年)
  • 5つの典礼風小品 Cinq Pièces liturgiques(1951年)
  • フロー・ペータースの名におけるパッサカリア Passacaille sur le nom de Flor Peeters(1953年)
  • 24の典礼前奏曲(ペダルのないオルガンのための) Vingt-quatre Préludes liturgiques(1953 - 1955年)
  • 入祭文「平和を与えたまえ」によるフーガ Fugue sur l'Introït "Da pacem" (1954年)
  • ヴィクトル・ゴンザレスの名における主題と変奏 Thème varié sur le nom de Victor Gonzales(1957年)
  • 全ての時のための小ミサ曲 Messe basse pour tous les temps(1959年)
  • 万聖節のためのミサ曲 Messe de la Toussaint(1964年)
  • 序曲とフーガ風舞曲 Prélude et danse fuguée(1964年)
  • 公現祭 Epiphanie(1984年)
  • 2つの3部作 Deux Trios(1984年)
    • 3つのディヴェルティスマン Divertissement à trois
    • 3つの小品 Pièce en trio
  • アーチ(幻想曲) Arches - Fantaisie(1987年)
  • ミサ形式の組曲 Suite en forme de Messe(1988年)
  • タルシスの王らは(公現祭のオッフェルトリウムによる瞑想曲) Reges Tharsis
  • Offerte vobis pacem(1991年)
  • 音叉(ジャン・アランの名による幻想曲) "Diapason" - Fantaisie sur le nom de Jehan Alain

オルガンとその他の楽器のための曲[編集]

  • パッサカリア(オルガンと管弦楽のための) Passacaille(1947年)
  • 行列(3本のトランペット、3本のトロンボーンおよびオルガンのための) Cortège(1951年)
  • ペンテコステ(2台のオルガンのための3部作) Pentecôte(1984年)
    • Vigile
    • Nocturne
    • Séquence
  • オーボエとオルガンのための2部作 Diptyque
    • アンダンティーノ Andantino
    • スケルツォ Scherzo
  • ホルンとオルガンのための3部作
  • 2つのソナタ(四手オルガンのための)

その他の楽曲[編集]

  • レチタティーヴォと主題変奏(クラリネットとピアノのための) Récitatif et thème varié(1947年)
  • 荘厳ミサ(4声混声合唱とオルガンのための) Missa solemnior(1954年)
  • 聖母を讃えるミサ(ソプラノ、テノール、バス合唱とオルガンのための) Missa Virgo gloriosa(1959年)
  • マニフィカト(6声混声合唱とオルガンのための) Magnificat(1967年)

伝記[編集]

  • Durand, Sébastien: Gaston Litaize (1909-1991): un vosgien aux doigts de lumière. Metz: Serpenoise, 1996. ISBN 2876923149.
  • "Gaston Litaize." L'Orgue: Cahiers et memoirs No. 34 (1985). Paris: Association des Amis de l'Orgue, 1985.
  • Sabatier, François: "Gaston Litaize", in Guide de la musique d’orgue, herausgegeben von Gilles Cantagrel. Paris: Fayard, 1991: 528-530.

外部リンク[編集]