カール2世オットー (プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール2世オットー(Karl II Otto, 1625年9月5日 - 1671年3月30日)は、プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公(在位:1669年 - 1671年)。プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公ゲオルク・ヴィルヘルムの子。

1669年に亡くなった父の後を継いだが、僅か2年で死去。息子に先立たれていたので、遺領は従弟のプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラークリスティアン2世が継承した。

子女[編集]

1616年、ホーエンローエ=ノイエンシュタイン=ヴァイケルスハイム伯クラフト7世の娘マルガレーテ・ヘドヴィヒと結婚、3人の子を儲けた。

  1. カール・ヴィルヘルム(1659年 - 1660年)
  2. シャルロッテ・ゾフィー(1662年 - 1708年)
  3. ヘドヴィヒ・エレオノーレ(1663年 - 1721年)
先代:
ゲオルク・ヴィルヘルム
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公
1669年 - 1671年
次代:
クリスティアン2世