カール・フィリップ・フォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・フィリップ・フォール
(画)カール・バルト

カール・フィリップ・フォール(Carl Philipp Fohr、1795年11月26日 - 1818年6月29日)は、ドイツの「ロマン主義」の画家である。ローマで「ナザレ派」の画家の中で活動したが、23歳で事故死した。

略歴[編集]

ハイデルベルクで生まれた。ハイデルベルクの画家ロットマン(Friedrich Rottmann)に学び、1810年にダルムシュタットの画家、イゼル(Georg Wilhelm Issel)に才能を見出され、1811年にダルムシュタットに招かれた。ダルムシュタットでヘッセン大公国の学者と知り合い、ヘッセン大公ルートヴィヒ2世の妃、ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデンに紹介され、資金援助を受け、注文も受けるようになった。

ミュンヘン美術院に入学し、学生のルール(Ludwig Sigismund Ruhl :1794-1887)と知り合うが、美術院で学ぶのを止めて、徒歩で北イタリアに旅を始め、ローマに移った。ローマで活動していた「ナザレ派」の画家たち、ペーター・フォン・コルネリウスフィリップ・ファイトヨハン・フリードリヒ・オーファーベックらのサークルに加わり、ロマン主義の風景画家、ヨーゼフ・アントン・コッホから影響を受けた。

1818年にイタリアのテヴェレ川で友人の芸術家、カール・バルトやヨハン・アントン・ランブーらと水遊びをしていて、川で溺れて亡くなった。友人たちは資金を集め記念碑を作り、フォールの絵を版画にしてフォールを偲んだ。

弟のダニエル・フォール(1801-1862)も画家になり、バーデン大公国で宮廷画家となった。

主な作品[編集]

参考文献[編集]

  • Paul Ferdinand Schmidt: Fohr, Carl Philipp. In: Ulrich Thieme (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 12: Fiori–Fyt. E. A. Seemann, Leipzig 1916, S. 142–144 (Textarchiv – Internet Archive).
  • Peter Märker: Carl Philipp Fohr 1795–1818. Monographie und Werkverzeichnis. Hirmer Verlag, München 2015, ISBN 978-3-7774-2174-2.
  • Ph. Dieffenbach: Das Leben des Malers Karl Fohr. Darmstadt 1823.
  • Friedrich Pecht: Fohr, Carl. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 7, Duncker & Humblot, Leipzig 1877, S. 147 f.
  • Arthur von Schneider: Fohr, Carl Philipp. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 5, Duncker & Humblot, Berlin 1961, ISBN 3-428-00186-9, S. 283–285 (Digitalisat).
  • Kurt Schwarzweller: Karl Philipp Fohr 1795-1818. Frankfurt am Main 1968 (Städelsches Kunstinstitut, Ausstellungskatalog).
  • Ulrike Andersson, Annette Frese: Carl Philipp Fohr und seine Künstlerfreunde in Rom. Zum 200. Geburtstag des Heidelberger Künstlers. Kehrer Verlag, Heidelberg 1995, 248 S. (Ausstellungs Katalog des Kurpfälzischen Museums Heidelberg).
  • Carl Philipp Fohr: Romantik – Landschaft und Historie. Katalog der Zeichnungen und Aquarelle im Hessischen Landesmuseum Darmstadt und Gemälde aus Privatbesitz. Anlässlich der gleichnamigen Ausstellung vom 17. Dezember 1995 bis zum 3. März 1996 im Hessischen Landesmuseum Darmstadt und vom 25. April bis zum 20. Juli 1997 im Haus der Kunst München. Bearbeitet von Peter Märker. Darmstadt 1995.
  • Allgemeines Künstlerlexikon. Band 16, 2004, S. 504.
  • Peter Härtling: Tage mit Echo. Zwei Erzählungen. Kiepenheuer & Witsch, Köln 2013.
  • Roland Dotzert et al.: Stadtlexikon Darmstadt. Konrad Theiss Verlag, Stuttgart 2006, ISBN 3-8062-1930-3, S. 255.