カール・シュレンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カール・シュレンツCarl Schelenz1890年2月6日 - 1956年2月7日)は、ドイツハンドボール考案者。ベルリン出身。

1919年、これまで女子のスポーツとされていたトア・バル(Tor Ball)を改良してハンドボールのルールを競技規則を制定した。これがハンドボールの始まりとされる。1930年代から40年代にかけてハンドボールドイツ代表のコーチも務めていた。

関連項目[編集]