カール・エルンスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・エルンスト(1933年)

カール・エルンスト(Karl Ernst、1904年9月1日-1934年6月30日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の突撃隊(SA)幹部。長いナイフの夜の際に粛清された人物の一人。

経歴[編集]

ベルリン出身。ナチス入党前にはホテルでベルボーイをしたり、同性愛者ナイトクラブで用心棒をしていた。ナチスが政権を掌握した後の1933年の初め頃には突撃隊中将、またベルリンの突撃隊指導者となっていた。1933年2月27日に起こったドイツ国会議事堂放火事件の際にも彼はこの地位にあった。この放火事件の犯人としてオランダ共産党員のマリヌス・ファン・デア・ルッベが逮捕されているが、プロイセン州内相ヘルマン・ゲーリングの命令を受けたカール・エルンストが放火をさせたという説もある。

後部座席右側のカメラ目線の人物。左側で後ろを振り返っている人物はエルンスト・レーム

その後、突撃隊幕僚長のエルンスト・レーム以下突撃隊幹部は、「第二革命」をとなえて貴族階級が支配する国防軍の廃止と突撃隊の国防軍化を主張した。そのため軍部とナチス政権の間で軋轢が生じた。総統アドルフ・ヒトラーは1934年6月下旬に長いナイフの夜を起こして突撃隊幹部の粛清に踏み切った。この時カール・エルンストは新婚旅行でマデイラ諸島へ新婚旅行へ出ていた。親衛隊(SS)の分遣隊がエルンストを追って来て彼の妻と運転手に傷害を加えたうえ、彼自身もベルリンへと連れ戻された。6月30日に他の150名の突撃隊幹部とともに親衛隊のリヒターフェルデ(Lichterfelde)士官学校においてLSSAHによって銃殺された。エルンストは最期の瞬間まで保守派・大資本家の反乱だと思い込んでおり、最期の瞬間に「ハイル・ヒットラー!(Heil Hitler!)」と叫んだという。