カーシー・ヴィシュヴァナート寺院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯25度18分38.79秒 東経83度0分38.21秒 / 北緯25.3107750度 東経83.0106139度 / 25.3107750; 83.0106139

カーシー・ヴィシュヴァナート寺院
地図

カーシー・ヴィシュヴァナート寺院(カーシー・ヴィシュヴァナートじいん、ヒンディー語:काशी विश्वनाथमन्दिर、英語:Kashi Vishvanath Temple)は、インドウッタル・プラデーシュ州ヴァーラーナシー県の都市ヴァーラーナシーに存在する寺院。「黄金の寺院」(ゴールデン・テンプル)の異名を持っている。シヴァ神をまつっている。

歴史[編集]

この寺院の歴史は古く、スカンダ・プラーナにもその存在が言及されている。

1194年クトゥブッディーン・アイバクによって破壊されたが、イルトゥトゥミシュの時代にグジャラートの商人によって再建された。

その後、ムスリムの君主によって破壊され、また再建されを繰り返し、1585年トーダル・マルによって再建された[1]

1669年ムガル帝国の皇帝アウラングゼーブによって破壊され、その跡地にギャーンヴァーピー・モスクが建設された[2]

1780年アヒリヤー・バーイー・ホールカルによって、モスクの横に再建された[3]

19世紀シク王国ランジート・シングによって、寺院の2つのドームは黄金に染められた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ S. P. Udayakumar (1 January 2005). Presenting the Past: Anxious History and Ancient Future in Hindutva India. Greenwood Publishing Group. pp. 99. ISBN 978-0-275-97209-7. https://books.google.com/books?id=XjkEERJrRdwC&pg=PA99. 
  2. ^ Catherine B. Asher (24 September 1992). Architecture of Mughal India. Cambridge University Press. pp. 278–279. ISBN 978-0-521-26728-1. https://books.google.com/books?id=3ctLNvx68hIC&pg=PA278. 
  3. ^ Shri Kashi Vishwanath Temple - A Brief history”. 2018年4月29日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]