アヒリヤー・バーイー・ホールカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アヒリヤー・バーイー・ホールカル
Ahiliya Bai Holkar
ホールカル家当主
Maharani Ahilya Bai Holkar.png
アヒリヤー・バーイー・ホールカル
在位 1767年 - 1795年
戴冠 1767年12月11日
別号 マハーラーニー
出生 1725年5月31日
死去 マヘーシュワル
1795年8月13日
配偶者 カンデー・ラーオ・ホールカル
  トゥコージー・ラーオ・ホールカル
子女 マーレー・ラーオ・ホールカル
カーシー・ラーオ・ホールカル
マルハール・ラーオ・ホールカル
王家 ホールカル家
父親 マンコージー・シンディア
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

アヒリヤー・バーイー・ホールカル(Ahiliya Bai Holkar, 1725年5月31日 - 1795年8月13日)は、インドマラーター同盟ホールカル家の当主(在位:1767年 - 1795年)。

生涯[編集]

1725年5月31日、アヒリヤー・バーイーはアフマドナガル地方のパティールであるマンコージー・シンディアの娘として生まれた[1]

1733年ホールカル家当主マルハール・ラーオ・ホールカルの継嗣カンデー・ラーオ・ホールカルと結婚した[1]

1754年3月、夫であるカンデー・ラーオが死亡し、翌1755年頃にホールカル家一族のトゥコージー・ラーオ・ホールカルと再婚した。

1766年5月、マルハール・ラーオは死亡し、アヒリヤー・バーイーの息子マーレー・ラーオ・ホールカルが当主となったが、翌年4月に死亡した。これにより、ホールカル家はその母であるアヒリヤー・バーイーとトゥコージー・ラーオの共同統治となった[1]

アヒリヤー・バーイーはインドールの南、ナルマダー川の河畔マヘーシュワルへと遷都した[1]。彼女は軍司令官でもあるトゥコージー・ラーオに軍事など外政を任せ、自身は内政を中心に統治した。

アヒリヤー・バーイーはヒンドゥー寺院のパトロンであり建設者でもあった。彼女はインドールとマヘーシュワルに寺院を建設したのみならず、ドワールカーヴァーラーナシーガヤーウッジャインナーシクアヨーディヤーなどに寺院を建設した。また、11世紀にアフガニスタンのガズナ朝に破壊されたソームナートの寺院も再建したのも彼女である。

他方、18世紀末にシンディア家がマハーダージー・シンディアのもとで勢力を北インドに拡大してきたが、アヒリヤー・バーイーはマハーダージーと険悪な関係にあった[2]。そのため、しばしば両家は紛争を起こした。

1795年8月13日、アヒリヤー・バーイーは死亡し、夫のトゥコージー・ラーオが単独統治者となった[1]

寺院のパトロンとしてのアヒリヤー・バーイー[編集]

アヒリヤー・ガート(ヴァーラーナシー
アヒリヤー・バーイー建設の寺院 (シカール

アヒリヤー・バーイーは先述したように18世紀を代表するヒンドゥー寺院のパトロンであった。その寺院の建設・復興事業は自国の領土以外の地域でも行われた。これらの事業が行われた都市は以下の通り。

など

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Indore 3
  2. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p.35

参考文献[編集]

関連項目[編集]