カルロス・デ・アラゴン・デ・グレア・イ・デ・ボルハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第9代ビジャエルモサ公爵

カルロス・デ・アラゴン・デ・グレア・イ・デ・ボルハCarlos de Aragón de Gurrea y de Borja, 1634年8月18日 ペドロラ英語版 - 1692年8月13日 サラゴサ)は、スペインの貴族、政治家。第9代ビジャエルモサ公爵英語版。副王職、総督職を歴任した。

ボルジア家の一員であり、聖フランシスコ・デ・ボルハの次男である初代マヤルデ伯爵フアン・デ・ボルハ英語版の曾孫にあたる。母および父方の祖母はアラゴンフアン2世の庶子である初代ビジャエルモサ公爵アルフォンソ英語版の子孫である。1656年にマリア・エンリケス・デ・グスマン(Maria Enriquez de Guzman)と結婚するが、間に嫡子を儲けることは無かった。

1675年にスペイン領ネーデルラント総督に着任するが、当時の南ネーデルラントはフランスオランダの間で起きたオランダ侵略戦争の戦場と化しており、在職中に任地における総督府の支配権を回復することは出来なかった。1678年に金羊毛騎士団の騎士叙任を受けた。1688年から1690年にかけ、カタルーニャ副王を務めた。

参考文献[編集]

  • Andújar Castillo: Consejo y Consejeros de Guerra en el siglo XVIII. Granada, 1996. Pp.: 197-198.
  • Henry Kamen: La Guerra de Sucesión en España. 1700-1715. Barcelona, 1974.
先代:
モンテレイ伯爵
ハプスブルク領ネーデルラント総督
1675年 - 1677年
次代:
パルマ公子アレッサンドロ
先代:
メディナ・デ・リオセコ公爵
カタルーニャ副王
1688年 - 1690年
次代:
メディナ・シドニア公爵