カルノー石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルノー石
Carnotite in fossilized wood from St. George, Utah
分類 バナジン酸塩鉱物
シュツルンツ分類 04.HB.05
化学式 K2(UO2)2(VO4)2·3H2O
結晶系 単斜晶; 2/m
対称 単斜晶 2/m
単位格子 a = 10.47 Å, b = 8.41 Å, c = 6.91 Å; β = 103.83°; Z = 2
晶癖 塊状、葉状・粒状の集合体
双晶 双晶及び平面構成として{001}
へき開 {001}完全, 雲母
断口 不均一
モース硬度 2
光沢 鈍い, 土様; 結晶化すると絹様
明るい黄色からレモン色、黄緑色
条痕 黄色
透明度 半透明
比重 4.70
光学性 2軸 (-)
屈折率 nα=1.750 - 1.780, nβ=1.901 - 2.060, nγ=1.920 - 2.080
複屈折 δ = 0.200
光軸角 2V 測定: 43° - 60°, 計算: 26° - 36°
その他の特性 放射性、非蛍光性
文献 [1][2][3][4]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

カルノー石(Carnotite)は、カリウム-ウラン-バナジン酸塩放射性鉱物で、組成はK2(UO2)2(VO4)2·3H2Oである。含水量は可変で、しばしば少量のカルシウムバリウムマグネシウムナトリウムを含む。

産出[編集]

ユタ州のハッピージャック鉱山で産出したカルノー石

カルノー石は、明るい黄色から黄緑色で、通常は砂岩の塊か薄片として産出する。1%程度の量で、砂岩が明るい黄色になる。ウランの含有量が高いため、カルノー石は重要なウラン鉱石であり、それ自体放射性である。乾燥気候の堆積岩で見られるバナジウムとウランの二次鉱物である。

アメリカ合衆国ではコロラド高原に砂岩として分布する重要なウラン鉱石であり[1]、特に埋もれ木の回りに集中している。アメリカ合衆国内では、ワイオミング州コロラド州アリゾナ州ユタ州でも産出する。さらにはニューメキシコ州グランツペンシルベニア州カーボン郡でも産出する[5]

カルノー石は、コンゴ民主共和国モロッコオーストラリアラジウムヒルカザフスタンでも報告されている[5]パキスタンでは、カラク地区中新世後期の地層から産出する。

発見と命名[編集]

カルノー石は、1899年にフランスの科学者であるM. M. C. FreidelとE. Cumengeがコロラド州モントローズ郡ロック川で発見したまのが最初に記載された[6]

フランスの鉱物学者マリー・アドルフ・カルノーに因んで命名された[3]

関連する鉱物[編集]

マーガリタサイト((Cs,K,H3O)2(UO2)(VO4)2·H2O)、ツヤムン石(Ca(UO2)2(VO4)2·5-8H2O)等、いくつかの関連する鉱物がある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Handbook of Mineralogy
  2. ^ Hurlbut, Cornelius S.; Klein, Cornelis, 1985, Manual of Mineralogy, 20th ed., John Wiley and Sons, New York ISBN 0-471-80580-7
  3. ^ a b Mindat.org
  4. ^ Webmineral
  5. ^ a b Mindat with locations
  6. ^ Robert J. Wright and Donald L. Everhart (1960) Uranium, in Mineral Resources of Colorado First Sequel, State of Colorado Mineral Resources Board, p.330-331.

外部リンク[編集]