カリチク川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリチク川
Кальчик у місці злиття з Кальміусом.JPG
延長 88 km
平均の流量 30 m³/s
流域面積 1263 km²
水源 ドネツィク州・カリチニヴカ村
河口・合流先 カリミウス川
流域 ウクライナ・ドネツィク州
テンプレートを表示

カリチク川ウクライナ語: Кальчик)は、ウクライナドネツィク州を流れる、カルミウス川右岸の支流である。カリチク川はおそらく、史料にみられるカルカ川(Калка)と同じ川であると推定されている。

地理・生物[編集]

カリチク川の源流はドネツィク州の、ザポリージャ州との境界線に接するカリチニヴカ村(uk)である。河口はマリウポリ市にあり、カリミウス川の河口(=黒海)から6kmの地点に流入する。カリチク川の長さは88km、流域面積1263km2、水量30m3/秒である[1]。また、付近のベルダ川(uk)とカリチク川の流域との間は、ウクライナ草原自然保護区(uk)の一部となっており、石造りの陵墓(uk)という名の禁漁区がある[注 1]

カリチク川にはヒゴイソウギョハクレン等が生息している[2]

環境[編集]

上流・中流は農業地帯からの塩害で、下流はマリウボリからの生活排水によって汚染されている。水中には石油成分や不揮発性のフェノールの増加が見受けられる[1]。また水源から河口まで鉱化作用が増加している。河口近くの鉱化作用は2.5g/ℓに及ぶ[1]

由来[編集]

マックス・ファスマーは、「カリチク(Кальчик)という名はスラヴ語派語根кал(泥)に由来すると推測されるが、インド・ヨーロッパ語族*kel- // *kal-(黒い)に基づけば、スキタイ語を起源とする可能性をも除外するわけにはいかない」と論じた。しかし「黒い」(ウクライナ語: Чорний)という言葉は他の語幹タジク語: Сиёҳ)から生じたもので、イラン語群ではкалを意味する(タジク語: Қалъオセット語: Къала)。アレクサンドル・シャポシュニコフは、カリチクはスラヴ祖語*kalъ(泥)から派生したとみなしている[3]

(注:キリル文字кал」はラテン文字に転写すると「kal」に相当する。)

カルカ川[編集]

カルカという名で記述された出来事には、以下のものがある。

この文献上のカルカはカルチク川のことであり[5]、カルカ河畔の戦いはカルチク川の上流、石造りの陵墓(上記の禁漁区一帯)付近で行われたという見解がある。この見解はK.クドリャショフ[6]、スヴェトラナ・プレトニョーヴァ(ru)によって支持されている。一方、たとえばウラジーミル・ショヴクンは、この見解に疑問を呈している。

また、N.ブリャンデルベルグ、E.トレフェンリエフによって、カルチク川岸で考古学的発掘調査が行われたが、カルカ河畔の戦いの場を明らかにする、新しい証拠はもたらされなかった[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ウクライナ草原自然保護区」はロシア語: Украинский степной природный заповедник の、「石造りの陵墓」はロシア語: Каменные могилы の意訳による。

出典[編集]

  1. ^ a b c Паладий И. П. Сохранение аборигенной биоты реки Кальмиус.
  2. ^ Как не дать браконьерам уничтожить рыбу в Кальчике.
  3. ^ Место Потисья и Паннонии в древнейших этногенеалогических преданиях славянских народов.
  4. ^ a b Статья «Калка» в Большой советской энциклопедии.
  5. ^ Где же легендарная река Калка?
  6. ^ Степи Европы в эпоху средневековья. Том 3
  7. ^ Таємнича Калка