カリタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 カリタ
KALITA CO.,LTD.
Kalita Logo small.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
221-0021
神奈川県横浜市神奈川区子安通1-111-1
設立 1959年7月25日
業種 電気機器
法人番号 8020001092837 ウィキデータを編集
事業内容 嗜好品・飲料の製造加工に要する機械・器具の製作及び輸入
代表者 代表取締役 糸満しげ子
資本金 3,294万円
従業員数 65名(2015年度)
外部リンク http://www.kalita.co.jp/ http://www.and-kalita.com/
テンプレートを表示

株式会社カリタ(Kalita Co.,Ltd.)は、神奈川県横浜市神奈川区に本社を置くコーヒー機器総合メーカー。自社ブランド製品の製造販売の他、日本国外製品の輸入業務も手掛ける。

同業で社名の似たメリタ社とは無関係。

概要[編集]

1958年、東京日本橋で有限会社カリタを創業。喫茶店ブームに乗って業務用コーヒー機器で業績を伸ばす。名古屋、大阪、札幌等への支社・営業所開設にしたがい、家庭用コーヒー機器販売にも参入。1980年代からは欧米の高級コーヒー機器の輸入業務を開始。

2019年に創立60周年に迎えて、そして2020年に発売予定の新商品電気ケトルKEDP-600がグットデザイン賞を受賞した。[1][2]

環境志向を先取りした形の家庭用無漂白ペーパーフィルターは、同社がいち早く開発したとされる。

主な販売品目[編集]

代表的製品であるダイヤコーヒーミル。手動式、鋳鉄製。

製品[編集]

ウェーブシリーズ[編集]

株式会社カリタが自ら開発したコーヒードリッパーと専用コーヒーフィルター。ドリッパーの底面にある三つ穴の構造が「カリタ式」と呼ばれている。[3]この商品シリーズには波佐見焼(HASAMI)[4]燕市の金属加工(TSUBAME)[5]鳴海製陶(Narumi)[6]とのメーカーと協力して作り出した製品もあります。

会社情報[編集]

  • 株式会社カリタ
  • 本社 横浜市神奈川区子安通1-111-1
  • 2011年10月11日より本社を東京都大田区から横浜市神奈川区へ移転した

出典[編集]

  1. ^ 電気ケトル [カリタ エレクトリックドリップケトル]”. Good Design Award. 2019年12月3日閲覧。
  2. ^ KEDP-600”. 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 株式会社カリタ. “コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】” (日本語). コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】. 2019年12月3日閲覧。
  4. ^ HASAMI日本語”. 2019年12月3日閲覧。
  5. ^ TSUBAME日本語”. 2019年12月3日閲覧。
  6. ^ NARUMI(日本語)”. 2019年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]