カプロニ Ca.90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カプロニ Ca.90

Bundesarchiv Bild 102-09373, Mailand, Italienisches Grossflugzeug.jpg

  • 用途爆撃機
  • 分類:重爆撃機
  • 製造者:カプロニ
  • 初飛行1929年
  • 生産数:1機
  • 運用状況:退役

カプロニ Ca.90Caproni Ca.90)は、イタリアカプロニ社によって試作された重爆撃機1929年に初飛行した際には世界最大の飛行機だった[1]

設計・開発[編集]

六発エンジン・逆一葉半の複葉機であるCa.90は、重爆撃機として設計され1929年に初飛行した[1]。Ca.90は2基が串型に配置された二組のイソッタ・フラスキーニ アッソ 1000イタリア語版 W型18気筒レシプロエンジンを下翼の上部に配しており、前部のエンジンには2翅プロペラを、後部のエンジンには4翅プロペラを装備していた[1]。残りの一組2基のエンジンは胴体の上部に装備されていた[1]。このエンジンはCa.90専用エンジンとして作られたものだった[1]

1929年に初飛行したドルニエ Do X飛行艇のほうが翼幅と重量でCa.70を上回っていたが、1934年ツポレフ ANT-20が登場するまで、Ca.90は最大の陸上機だった[1]

諸元[編集]

出典: [1]Illustrated Encyclopedia of Aircraft

諸元

  • 乗員: 2名
  • 定員: 12名
  • 全長: 26.95 m (88 ft 5 in)
  • 全高: 10.80 m (35 ft 5 in)
  • 翼幅: 46.60 m(152 ft 11 in)
  • 翼面積: 496.60 m2 (5,345.5 ft2
  • 空虚重量: 15,000 kg (33,069 lb)
  • 最大離陸重量: 30,000 kg (66,139 lb)
  • 動力: イソッタ・フラスキーニ アッソ 1000 水冷W型18気筒、750 kW (1,000 hp) × 6

性能

  • 最大速度: 205 km/h (127 mph)
  • 航続距離: 1,290 km (800 マイル)
  • 実用上昇限度: 4,500 m (14,764 ft)

武装

  • 固定武装: 機関銃数挺
  • 爆弾: 8,000 kg
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

出典[編集]

脚注
  1. ^ a b c d e f g Orbis 1985, p. 1054.
参考文献

関連項目[編集]

外部リンク[編集]