カニング・キラー/殺戮の沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カニング・キラー
殺戮の沼
Primeval
監督 マイケル・ケイトルマン
脚本 ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
製作 ギャヴィン・ポローン
製作総指揮 ジェイミー・ターセス
ミッチ・エンゲル
出演者 ドミニク・パーセル
ブルック・ラングトン
オーランド・ジョーンズ
ユルゲン・プロフノウ
ギデオン・エメリー
ガブリエル・マレマ
パトリック・リスター
音楽 ジョン・フリッゼル
撮影 エドワード・J・ペイ
編集 ガブリエル・ライ
製作会社 ハリウッド・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年1月12日
日本の旗 2008年3月19日(DVD)
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $10,597,734
テンプレートを表示

カニング・キラー/殺戮の沼』(カニング・キラー/さつりくのぬま、原題:Primeval)は、2007年1月12日アメリカ合衆国より公開されたホラー映画ブルンジ共和国のキビラ湿地帯を舞台に、ワニのギュスターブによる事件を基にした映画作品[1]マイケル・ケイトルマンの劇場映画監督デビュー作である。

日本では劇場未公開。2008年3月19日ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメントよりDVDが発売されている。メイキング映像や未公開シーンなど映像特典を収録された。

また、本作は実話と言われる事があるが、実際に基づいているのは巨大ワニが実在すると言う部分だけである。

ストーリー[編集]

ニューヨークのテレビ局の報道部のプロデューサーであるティムは、ドキュメンタリー番組の取材のために国連軍の白人女性を殺害した巨大な爬虫類の探索・捕獲に同行する仕事を引き受けた。レポーターのアビバとカメラマンのスティーブンとともに、ブルンジ共和国に来たティムは、女性を殺害したその爬虫類・グスタブ探しについて行った。だが、リトル・グスタフという支配者によって国が混乱していたため、取材は容易ではなかった。そんな中、取材クルーが政府軍の虐殺行為を撮影してしまい、軍から命を狙われる羽目に。更には巨大ワニ、グスタブも現れてクルーたちを襲いだした。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ティム・マンフリー ドミニク・パーセル 山野井仁
アビバ・マスターズ ブルック・ラングトン 本田貴子
スティーブン・ジョンソン オーランド・ジョーンズ 檀臣幸
ジェイコブ・クリーグ ユルゲン・プロホノフ 諸角憲一
マット・コリンズ ギデオン・エメリー 清水明彦
ジョジョ ガブリエル・マレマ 岸尾だいすけ
ロジャー・シャープ パトリック・リスター -

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Christophe Nkurunziza (2002年11月29日). “Burundi's not so gentle giant”. BBC News World Edition. 2011年8月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]