カナディア CL-41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダ空軍の曲技飛行隊「スノーバーズ」のCT-114

カナディア CL-41 チューター(Canadair CL-41 Tutor)は、カナダカナディアが開発したジェット練習機。既に第一線を引いているものの、登場から半世紀以上経った現在でも運用されている。なお、チューターとは「家庭教師」という意味。

概要[編集]

カナディア社の自社資金により開発が進められ、試作初号機は1960年1月13日に初飛行した。翌年9月にはカナダ空軍CT-114の名称で190機の導入を決め、1963年から1966年にかけて引き渡しが行われた。

並列複座式のコックピットとT字尾翼を採用しているのが外見の特徴で、主翼は低翼配置の直線翼。エンジンはゼネラル・エレクトリック J85ターボジェットエンジンライセンス生産型を1基搭載している。主翼下にハードポイントを装備し武装可能とした兵器訓練/軽攻撃機型CL-41Gも存在する。

カナダ空軍では運用中に何度か近代化改修を加えられたが、CT-155 ホークCT-156 ハーヴァードIIの配備により2000年に練習機としての運用を終了、現在は曲技飛行隊「スノーバーズ」で運用されているのみとなっている。カナダ以外ではマレーシアがCL-41Gを20機導入し、スズメバチを意味するテブアン(Tebuan)という愛称を付けた。こちらも1980年代半ばに退役している。

スペック(CL-41G)[編集]

  • 全長:9.75 m
  • 全幅:11.13 m
  • 全高:2.76 m
  • 翼面積:20.44 m2
  • 空虚重量:2,402 kg
  • 最大離陸重量:5,120 kg
  • エンジン:オレンダ J85-CAN-J4 ターボジェットエンジン(13.12 kN) ×1
  • 最高速度:755 km/h(高度28,500 ft)
  • 航続距離:2,157 km
  • 実用上昇限度:12,860 m
  • 武装:主翼下6箇所のハードポイントに爆弾ロケット弾機銃ポッドなど最大1,814 kg

参考文献[編集]

関連項目[編集]